「NO CALL NO LIFE」優希美青、舞台挨拶で涙「この作品に人生を懸けてみよう」

104

NO CALL NO LIFE」の公開記念舞台挨拶が、本日3月6日に東京・テアトル新宿で行われ、キャストの優希美青井上祐貴小西桜子山田愛奈駒木根葵汰、監督の井樫彩が登壇した。

「NO CALL NO LIFE」公開記念舞台挨拶の様子。

「NO CALL NO LIFE」公開記念舞台挨拶の様子。

大きなサイズで見る(全13件)

優希美青

優希美青[拡大]

本作は、優希や井上も所属するホリプロの創業60周年を記念した映画企画。壁井ユカコの小説をもとに、親の愛を知らずに育った女子高校生・有海と不良少年・春川が、携帯電話に残された過去からの留守電メッセージに導かれて出会うさまが描かれる。

井上祐貴

井上祐貴[拡大]

有海役の優希は「60周年記念映画のダブル主演の1人ということで、最初は素直にうれしかったんですが、時間が経つととともに不安とプレッシャーで葛藤するようになりました」と心境を明かす。春川役の井上も「公開2日目ですが、まだプレッシャーを感じながらここに立たせてもらっています」と素直に述べた。

駒木根葵汰

駒木根葵汰[拡大]

同じくホリプロ所属の駒木根は、春川の先輩役で出演。「60年も続いていたんだと、驚いています。おめでとうございます、ホリプロさん!」と笑いを起こし、「ぜひ65周年には、僕を主演にお願いします(笑)。この5年間必死にがんばっていきます!」と自らをアピールした。

小西桜子

小西桜子[拡大]

山田愛奈

山田愛奈[拡大]

親友役を務めた優希、小西、山田は「やっと3人そろいましたね!」と、ともに登壇できたことを喜ぶ。3人は撮影期間中にプリクラを撮ったそうで、小西は「すごいJKだ!って感じだった」と笑顔を見せる。優希も「今まで制服でプリクラを撮ることがめったになかったから『すごい、今青春してるな!』と思った」と振り返った。

1996年生まれの井樫は、キャストたちと年齢が近かったことから「キャストのみんなは、監督と年齢が近いほうがいろいろと言いやすいのかなということは感じました。本人たちの気持ちが大事だと思っているので、それを聞きつつ一緒に役を作り上げていきました」と現場を回想した。

涙ぐむ優希美青(左)。

涙ぐむ優希美青(左)。[拡大]

最後に井上は、コロナ禍でポストプロダクションに掛ける期間が短かったことに触れ「撮影はもちろん全力で挑んだのですが、初号試写を観てスタッフさんたちの(撮影後の)努力やがんばりをすごく感じたんです。僕がそれを伝えられればと強く思いました」とスタッフに感謝を述べる。そして優希は「この映画は私にとっていろんな意味でチャレンジでした。自粛期間と重なってお芝居をまったくしない期間があって、お仕事がなくなっちゃうんじゃないかと考えてしまったこともあって……。でもこの作品に人生を懸けてみよう、全力でやってみて、これがうまくいかなかったら1回考えようと思って、全身全霊挑んだ役です」と話しながら、感極まってしまう。それでもなんとか「30代、40代になっても、この作品が代表作です、大好きですと言えるくらいの気持ちで挑んだ作品です」と言葉を紡いだ。

「NO CALL NO LIFE」は全国で上映中。

この記事の画像・動画(全13件)

関連記事

優希美青のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2021映画「NO CALL NO LIFE」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 NO CALL NO LIFE / 優希美青 / 井上祐貴 / 小西桜子 / 山田愛奈 / 駒木根葵汰 / 井樫彩 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。