大竹しのぶが「漁港の肉子ちゃん」に参加、明石家さんまも「頼りにしております」

179

明石家さんま企画・プロデュースによる劇場アニメ「漁港の肉子ちゃん」の公開日が6月11日に決定。大竹しのぶが参加していることも明らかになった。

左から「漁港の肉子ちゃん」に登場する肉子ちゃん、大竹しのぶ。

左から「漁港の肉子ちゃん」に登場する肉子ちゃん、大竹しのぶ。

大きなサイズで見る(全8件)

「漁港の肉子ちゃん」ビジュアル

「漁港の肉子ちゃん」ビジュアル[拡大]

西加奈子の同名小説をもとにした本作は、漁港の船に住む母娘・肉子ちゃんとキクコに訪れる奇跡を描いたハートフルコメディ。「海獣の子供」の渡辺歩が監督、STUDIO4℃がアニメーション制作を担当する。

左から大竹しのぶ、明石家さんま。

左から大竹しのぶ、明石家さんま。[拡大]

いつも全力で、底抜けに明るくパワフルな肉子ちゃんの声を担当する大竹。彼女は「大変なときも、大変なことも『ガハハ』と笑って受け止めちゃう肉子ちゃんを尊敬します。プロデューサーであるさんまさんは、本当に人が笑っている顔を見るのが好きなんだなぁとしみじみ思いました。だから、この映画を作ったんだなと。そこを壊さないよう、みんなにきちんと幸せを届けられるよう頑張ります」とコメントしている。一方、さんまは「渡辺監督も肉子ちゃんと大竹さんがパチンときたとおっしゃっていて、肉子ちゃん役が一番最初に決まった。(今回オファーを)受けてくれてありがたい。頼りにしております」と感謝した。

「漁港の肉子ちゃん」は東京・TOHOシネマズ 日比谷ほか全国で公開。YouTubeでは特報が公開中だ。

大竹しのぶ コメント

原作を読み、笑って泣いて。映像を見て、また更に笑って、泣けて。
大変なときも、大変なことも「ガハハ」と笑って受け止めちゃう肉子ちゃんを尊敬します。
プロデューサーであるさんまさんは、本当に人が笑っている顔を見るのが好きなんだなぁとしみじみ思いました。だから、この映画を作ったんだなと。
そこを壊さないよう、みんなにきちんと幸せを届けられるよう頑張ります。

明石家さんま コメント

共同プロデューサーたちが大竹しのぶさんを肉子ちゃん役で推薦してきたので、それならオファーしてみてくださいと。そしたら大竹さんから「(さんまさんが)どうしても私に演ってほしいって言ったんでしょ」と言われたけど、それは言ってない(笑)。仕事としてお願いするからには正式なルートで依頼してねと伝えたんです。
渡辺監督も肉子ちゃんと大竹さんがパチンときたとおっしゃっていて、肉子ちゃん役が一番最初に決まった。
(今回オファーを)受けてくれてありがたい。頼りにしております。

この記事の画像・動画(全8件)

関連記事

大竹しのぶのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2021「漁港の肉子ちゃん」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 漁港の肉子ちゃん / 大竹しのぶ / 明石家さんま / 渡辺歩 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。