世捨て人のもとに来訪者、カナダ・ケベックを舞台にしたヒューマンドラマ公開

54

カナダ・ケベック州を舞台にした「やすらぎの森」が、5月下旬より東京・シネスイッチ銀座ほか全国で順次公開される。

「やすらぎの森」ポスタービジュアル

「やすらぎの森」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る

本作は人里離れた森の中、湖のほとりに佇む小屋に住む年老いた世捨て人たちのもとに来訪者が現れたことで展開するヒューマンドラマ。来訪者である80歳の女性ジェルトルードは、少女時代に不当な措置によって精神科療養所に入れられ、60年以上も外界と隔絶した生活を送っていた。世捨て人たちに受け入れられた彼女は、マリー・デネージュという名前で新たな人生を踏み出し、日に日に活力を取り戻していく。しかし、穏やかな日常を揺るがす緊急事態が起こってしまう。

ジェルトルード / マリー・デネージュを演じるのは、2019年11月に死去したアンドレ・ラシャペル。共演にはジルベール・スィコットレミー・ジラールが名を連ねた。監督は、ケベック州出身のルイーズ・アルシャンボーが務めている。

(c)2019 - les films insiders inc. - une filiale des films OUTSIDERS inc.

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 やすらぎの森 / アンドレ・ラシャペル / ジルベール・スィコット / レミー・ジラール / ルイーズ・アルシャンボー の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。