「あの頃。」松坂桃李や仲野太賀らハロヲタ歓喜、藤本美貴がロマモーに乗って登場

587

あの頃。」公開直前イベントが本日2月3日に東京・スペースFS汐留で行われ、キャストの松坂桃李仲野太賀コカドケンタロウロッチ)、原作者の劔樹人が登壇した。

「あの頃。」公開直前イベントの様子。左からコカドケンタロウ、仲野太賀、松坂桃李、藤本美貴、劔樹人。

「あの頃。」公開直前イベントの様子。左からコカドケンタロウ、仲野太賀、松坂桃李、藤本美貴、劔樹人。

大きなサイズで見る(全17件)

劔の自伝的コミックエッセイ「あの頃。男子かしまし物語」をもとにした本作では、主人公・劔樹人がハロー!プロジェクトを通して出会った「恋愛研究会。」のメンバーと青春を謳歌する様子が描かれる。松坂が劔、仲野が“ミキティ”こと藤本美貴推しのコズミン、コカドがハロプロ全般推しのイトウを演じた。

松坂桃李

松坂桃李[拡大]

役作りに関して松坂が「ありがたいことに、現場に劔さんが結構いらっしゃって(笑)。スタッフさんと談笑している姿だったり、日常のニュアンスみたいなものを垣間見れたのがよかったです」と述べると、劔は「僕、本当に暇で……『明日も来ますか?』って言われ、『あ! 行きます!』と言ってたらそうなっちゃって」と苦笑。続けて「松坂さんが楽器を弾いているシーンを見学しているとき、カメラのピントはズレてたんですが昔はこんなだったなって。『何言ってんだ!』って言われちゃうと思いますが、映画を観て松坂さんが僕を観察してくれてたんだなと思いました」と賛辞を贈った。

コカドケンタロウ

コカドケンタロウ[拡大]

コカドは自身が演じたイトウのモデルがバンド・赤犬のタカ・タカアキであることに触れ「2歳年上の姉ちゃんが赤犬のファンで部屋でも音楽をかけてたんです。だから姉ちゃんに一番最初に報告したんですけど、普段リアクションせえへんのに『すごいね! 赤犬のメンバーやんの! 』って」と述懐。仲野が「恋愛研究会。」のメンバーが現場を訪問した際のことを振り返り「本物来ました!って感じでしたね」と言うと、松坂も「モノマネの歌番組で、後ろから本人が登場したときみたいで、うわあ! 本物来ちゃったって」と回想した。それを受けて劔は「みんな怪人感がすごいんです(笑)。コズミンの弟さんが作品を観てくれたんですが、家族の前ではおとなしかったらしく、こんな傍若無人だったのか!と言ってました」と語る。

藤本美貴

藤本美貴[拡大]

藤本美貴が登場しガッツポーズを取る仲野太賀。

藤本美貴が登場しガッツポーズを取る仲野太賀。[拡大]

イベント中盤にはモーニング娘。OGの藤本美貴が自身のソロ曲「ロマンティック 浮かれモード」に乗ってサプライズ登場。歓喜した4人から「うわ~!」「すごい!」と声が飛んだ。本作を鑑賞したという藤本は「ファンの方が普段どんなことをしているのかは知らなかったんです。人生を懸けて応援してくださっていたことに感動しました」と感想を伝え、コズミンが自身の魅力を熱弁するシーンについては「褒められて、照れました。気持ちよかったです」とはにかむ。これを横で聞いていた松坂と仲野は「どきどきするね……」「うん……どきどきする」と笑顔を交わし、「役に戻るね」「汗止まんないね」と感激の様子。また劔が「今でもハロプロ応援しています。この前もM-line Special行って来ました」と報告すると藤本は笑顔で喜んでいた。

左から仲野太賀、松坂桃李、藤本美貴。

左から仲野太賀、松坂桃李、藤本美貴。[拡大]

最後に松坂は「誰しもに大事にしていた時間、『あの頃。』があると思います。そんな思い出があるからこそ、今っていいよねとか、これからきっといいことあるかもなって思えると思います。心の風を通してくれるような温かい作品になっていますので、ぜひよろしくお願いします」と呼びかけ、イベントの幕を引いた。

今泉力哉が監督を務め、冨永昌敬が脚本を手がけた「あの頃。」は、2月19日より東京・TOHOシネマズ 日比谷ほか全国でロードショー。

この記事の画像・動画(全17件)

関連記事

松坂桃李のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2020「あの頃。」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 あの頃。 / 松坂桃李 / 中田青渚 / 劔樹人 / 仲野太賀 / コカドケンタロウ / ロッチ / 藤本美貴 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。