鈴木亮平が民放連続ドラマ単独初主演、ラブコメ「レンアイ漫画家」4月スタート

143

鈴木亮平が民放連続ドラマで単独初主演を務めることが明らかに。山崎紗也夏の同名マンガを原作にした「レンアイ漫画家」がフジテレビで4月にスタートする。

鈴木亮平演じる刈部清一郎。

鈴木亮平演じる刈部清一郎。

大きなサイズで見る(全3件)

鈴木亮平演じる刈部清一郎。

鈴木亮平演じる刈部清一郎。[拡大]

本作は仕事一筋で恋愛下手なマンガ家と、“ダメ男ホイホイ”と呼ばれるアラサー女子を軸にしたハートフルラブコメディ。原作は2010年から2012年にかけてモーニングで連載された。ドラマでは「花咲舞が黙ってない」「東京タラレバ娘」で知られる松田裕子が脚本を担当。鈴木が人付き合いが苦手の変わり者で、少女マンガの大ヒット作を次々と生み出す主人公・刈部清一郎(かりべせいいちろう)を演じる。

顔出しは一切せず、女性名のペンネームで正体を隠している清一郎。ストーリーは、清一郎が弟の葬儀でアラサー女子の久遠あいこ(くおんあいこ)と出会ったことから動き出す。清一郎の無茶ぶりで、マンガのネタのためにさまざまな男性と疑似恋愛をするミッションを課せられるあいこ。そんな2人を中心にした悲喜こもごもの物語がつづられる。

鈴木亮平演じる刈部清一郎。

鈴木亮平演じる刈部清一郎。[拡大]

本作を「現代版の美女と野獣」と表現する鈴木。「松田裕子さんが生み出すセリフの一つ一つがとにかく面白く、“キュン”や温かい涙だけで終わらない、感情大渋滞の作品になっています。清一郎はあいこにミッションとして疑似恋愛をさせるのですが、毎回登場するクセのある男性陣にもぜひ注目してください」と語っている。山崎と企画編成の佐藤未郷によるコメントは下記の通り。

「レンアイ漫画家」は毎週木曜22時からオンエア。「ミックス。」の石川淳一、「アンフェア the movie」の小林義則、「HOPE ~期待ゼロの新入社員~」の淵上正人が演出に名を連ねている。

この記事の画像(全3件)

鈴木亮平 コメント

出演が決まったときの感想

今作のようなキラキラした王道恋愛ドラマは自分には縁遠いのかなと思っていたので、新しい挑戦になると思いました。とはいえ、かなりアクの強いキャラクターではありますが(笑)。

民放連続ドラマ初主演、フジテレビドラマ初主演の感想

20代の頃、フジテレビ、共同テレビ制作のドラマにたくさん出演させていただき、育てていただきました。今回、民放連続ドラマ単独初主演というタイミングで、またこのチームで作品作りができるということに非常に縁を感じます。また、その時何度もご一緒した石川監督とタッグを組ませていただけるということで、全幅の信頼を置いて撮影に臨んでいます。

台本について

今世界中がどんよりした雰囲気に覆われている中で、今作のような明るくポップなラブコメは非常に価値があるのではないでしょうか。脚本の松田裕子さんが生み出すセリフの一つ一つがとにかく面白く、“キュン”や温かい涙だけで終わらない、感情大渋滞の作品になっています。清一郎はあいこにミッションとして疑似恋愛をさせるのですが、毎回登場するクセのある男性陣にもぜひ注目してください。

刈部清一郎について

現代版の“美女と野獣”のようです。家に引きこもっていた恋愛下手の野獣が、あいこという芯のブレない女の子と出会うことで心の奥に閉まっていた優しさ、恋する感情を思い出し、人間として成長していく……。清一郎は偏屈な天才で、口が悪いけれどとてもピュア。自分に恋愛など起こるはずがないと思っていて、だからこそ作品に恋愛を描いてきた人です。そんなある種“こじらせた男”がキュンに目覚めていく様は、皆様に“恋愛っていいな”と思っていただけると思います。回を追うごとに、皆様にこの清一郎という不器用な人間を好きになってもらえるように魅力的に演じたいと思います。

視聴者へのメッセージ

こんな王道恋愛ドラマに“自分で良いのだろうか”という気恥ずかしさがありますが、世界中が元気のない時期だからこそ、皆様に毎週楽しみにしていただけるように、全力ですてきなラブコメをお届けいたします。難しいことを考えずに、穏やかな良い気持ちで見られるラブコメです。“ちょっと疲れているな”と思う時に、皆様の心の栄養剤になりますように。そしてこのドラマは、男性にもオススメです。清一郎の不器用な生き方に、きっと共感していただけるでしょう。恋をしている方も、恋を忘れた人も、新しい恋をしたい方にも。今年の春は、「レンアイ漫画家」で“キュンキュン”してください。

山崎紗也夏 コメント

主演がまさかの鈴木亮平さんということで、大変感激しました。脚本のテンポが良く、自分の描いた漫画以上の世界観の広がりに驚いています。コロナ禍の中、ドラマチームの皆さんは大変な仕事になっただろうと思いますが、多くの人に楽しんでいただければ幸いです。

佐藤未郷 コメント

企画意図について

今作は、偏屈なアーティストと気立ての良い女子が繰り広げるラブストーリーです。さらに、主人公は甥っ子の少年を引き取ることになり、疑似家族のようになっていく…ほっこりホームドラマでもあります。企画が決定したのは、昨年春の緊急事態宣言前、まさにコロナの恐ろしさが徐々に広まっていった頃。日々襲いかかる不安や憂さを思いっきり忘れ、お腹の底から笑って、胸の奥がキュンとなる、楽しいドラマを作りたい、そんな思いで、小林プロデューサーが持ち込んだこの原作をドラマ化しようと決めました。

鈴木亮平の起用理由について

企画が決まって、いの一番にオファーさせていただいたのが、主演の鈴木亮平さんです。唯一無二の存在感、圧倒的な演技力に裏打ちされた抜群のコメディーセンスを持った鈴木さんにぜひ主人公を演じていただきたい、と。鈴木さん演じる刈部清一郎は、偏屈でハイパーセンシティブな天才漫画家。かなり“面倒臭い奴”です。そんな面白キャラなのに、そこはかとなくあふれ出る色気や男もほれるかっこよさ。加えて、清一郎を演じる鈴木さんは女子目線での“かわいい”が渋滞しています。“さすが!”としか言いようがないのですが、ただのツンデレではない主人公像を見事に作り上げていただき、まさにハマリ役だと確信しております。“自分には恋愛も幸せも必要ない、むしろ足かせになる”と漫画一筋で生きてきた清一郎、そんな彼がヒロインと出会ってどう変わっていくのか?…鈴木さんが表情豊かにみせる思い切ったキャラクターアーク(変化)にもご注目ください。

物語について

この物語で主人公やヒロインが探しているのは、唯一無二の漫才コンビのような“人生の相方”です。ぎこちない関係だった二人が、やがてかけがえのない存在になっていく…。淡い過去にもさかのぼる運命の恋、秘める思いに気づいていくピュアな恋の過程をゆっくり、愚直に描きます。温かい絆に癒されつつ、次から次に待ち受ける怒涛のコメディー展開! 親子そろって楽しめる“人生の相方探しの物語”にご期待ください。

全文を表示

関連記事

鈴木亮平のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 鈴木亮平 / 山崎紗也夏 / 石川淳一 / 小林義則 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。