武器産業が政治をコントロール…国際武器取引テーマにした「シャドー・ディール」予告

86

シャドー・ディール 武器ビジネスの闇」の予告編がYouTubeで公開された。

「シャドー・ディール 武器ビジネスの闇」ポスタービジュアル

「シャドー・ディール 武器ビジネスの闇」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全16件)

「シャドー・ディール 武器ビジネスの闇」

「シャドー・ディール 武器ビジネスの闇」[拡大]

金、権力、個人の野望が国家の安全保障や世界平和よりも優先される、国際武器取引の闇に迫った本作。告発者、検察官、軍事産業関係者などの証言を通して、戦争の真の代償、武器取引の仕組み、そしてどのように戦争兵器が市民に向けて使われるに至るのかが暴かれていく。ベルギーのアーティストであり映像作家でもあるヨハン・グリモンプレが監督を務め、グリモンプレと原作者であるアンドルー・ファインスタインが脚本を手がけた。

予告には政治家たちの写真や、戦争下にある国の映像を収録。「武器産業が政治をコントロールしている。政治家は単なるセールスパーソンだ」という言葉も確認できる。

「シャドー・ディール 武器ビジネスの闇」は、1月30日より東京のシアター・イメージフォーラムほか全国で順次ロードショー。

この記事の画像・動画(全16件)

関連記事

リンク

関連商品

(c)Shadow World Productions, LLC

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 シャドー・ディール 武器ビジネスの闇 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。