興収300億突破!「鬼滅の刃」が動員1位、初登場に「新解釈・三國志」「天外者」

2604

12月12日から13日の全国映画動員ランキングトップ10が興行通信社より発表され、公開9週目となる「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が先週に引き続き1位に輝いた。

「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」ポスタービジュアル (c)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」ポスタービジュアル (c)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

大きなサイズで見る(全10件)

吾峠呼世晴のマンガを原作とし、主人公の竈門炭治郎や炎柱・煉獄杏寿郎が“無限列車”で下弦の壱の鬼・魘夢と戦うさまが描かれる本作。10月16日の封切りから59日間の累計で、興行収入302億8930万7700円、観客動員数2253万9385人という成績をたたき出した。

「新解釈・三國志」ポスタービジュアル (c)2020「新解釈・三國志」製作委員会

「新解釈・三國志」ポスタービジュアル (c)2020「新解釈・三國志」製作委員会[拡大]

「天外者」ポスタービジュアル (c)2020映画「五代友厚」製作委員会

「天外者」ポスタービジュアル (c)2020映画「五代友厚」製作委員会[拡大]

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズポスタービジュアル (c)カラー

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズポスタービジュアル (c)カラー[拡大]

そのほか「三国志」を福田雄一が新たな解釈で実写化したアクションコメディ「新解釈・三國志」が2位、三浦春馬が主演し、大阪の基礎を作り上げた五代友厚の半生を描く「天外者」が4位にランクイン。「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズの第2作「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」は8位に入った。

※煉獄杏寿郎の煉は火へんに東が正式表記

2020年12月12日~13日の全国映画動員ランキングトップ10

1. 劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(1→ / 9週目)
2. 新解釈・三國志(NEW)
3. STAND BY ME ドラえもん2(2↓ / 4週目)
4. 天外者(NEW)
5. 滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie(3↓ / 2週目)
6. 劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット- 前編 Wandering; Agateram(4↓ / 2週目)
7. サイレント・トーキョー(5↓ / 2週目)
8. ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破(NEW)
9. 魔女がいっぱい(6↓ / 2週目)
10. 羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来(10→ / 6週目)

※()内は先週の順位と公開週数
※興行通信社調べ

この記事の画像(全10件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 / 新解釈・三國志 / STAND BY ME ドラえもん2 / 天外者 / 滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie / 劇場版 Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット- 前編 Wandering; Agateram / サイレント・トーキョー / ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 / 魔女がいっぱい / 羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。