「泣く子はいねぇが」佐藤快磨は映画館でバイト中に脚本執筆、元同僚のキャストが回想

143

泣く子はいねぇが」の公開記念舞台挨拶が、本日11月28日に東京・ユーロスペースで開催され、監督の佐藤快磨とキャストの田村健太郎が登壇した。

左から田村健太郎、佐藤快磨。

左から田村健太郎、佐藤快磨。

大きなサイズで見る(全8件)

「泣く子はいねぇが」キーアート

「泣く子はいねぇが」キーアート[拡大]

是枝裕和率いる映像クリエイター集団・分福が企画協力し、佐藤が監督・脚本・編集を担当した本作。父親としての自覚を持てず、ある失態により地元の秋田・男鹿から逃げ出した主人公・たすくが過ちと向き合い、青年から大人へ成長する姿が描かれる。たすくに仲野太賀が扮し、彼が東京で働くフットサル場の先輩・大友役で田村が出演した。

田村健太郎

田村健太郎[拡大]

佐藤と田村は、過去に東京・新宿バルト9でともにアルバイトしていた仲。バイト時代のエピソードを聞かれた田村は、佐藤が休憩中に本作の脚本を執筆していたという裏話を披露した。さらに分福で監督助手を募集しているという情報を教えたのは田村だったそうで「僕はこの作品にかなり貢献していますよ!」と胸を張って笑いを誘う。本作のオファーを受けたときのことを、田村は「これだけ貢献していてオファーされなかったら寂しかったですけど(笑)、もともと太賀くんや佐藤監督のファンでもあったので、とてもうれしかったです」と振り返った。

バイト時代の佐藤の様子について質問されると、田村は「ボーっとしていることが多い」と即答して笑いを起こす。しかしその真意を“他人に緊張感を与えず周りが意見を言いやすくなる”と説明した。

左から田村健太郎、佐藤快磨。

左から田村健太郎、佐藤快磨。[拡大]

好きなシーンに関する話題で田村は、余貴美子演じるたすくの母・せつ子と、吉岡里帆演じるたすくの元妻・ことねがパチンコ屋で会うシーンを挙げる。同じくその場面が好きだという佐藤は、せつ子のセリフによって登場人物たちの持つ“正しいと思うように生きられていないという苦しみ”を表現できたと、余の演技を絶賛した。

「泣く子はいねぇが」は全国で上映中。

この記事の画像・動画(全8件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

佐藤快磨のほかの記事

リンク

(c)2020「泣く子はいねぇが」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 泣く子はいねぇが / 佐藤快磨 / 田村健太郎 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。