「アルプススタンド」小野莉奈&平井亜門のダブル主演作が製作決定、監督は桜井亜美

235

「アルプススタンドのはしの方」の小野莉奈平井亜門がダブル主演を務める映画「シチュエーション・ラヴ」の製作が決定。「イノセントワールド」などで知られる小説家の桜井亜美が監督を務める。

小野莉奈

小野莉奈

大きなサイズで見る(全10件)

平井亜門

平井亜門[拡大]

「自粛生活に希望を」という思いから桜井がTwitterで連載した小説をベースとする本作。大学の映研サークルによる映画「スーパームーン」の撮影でヒロイン役を務めるサナは、監督のニシに容赦なくダメ出しされ、テイクを80回以上重ねて泣いてしまう。やがて撮影は新型コロナウイルス感染症拡大の影響で中止され、映画は10年間お蔵入りに。大学を卒業したサナは女優をあきらめきれず、ひそかに思いを寄せていた相手役のレイの言葉を支えにして、演技のレッスンに励む。そして監督デビューしたニシの受賞をきっかけに、同じスタッフ・キャストで「スーパームーン」の続きを撮影することになる。

「アルプススタンドのはしの方」での2人の演技を見て、サナ役に小野、レイ役に平井の起用を決めたという桜井。「間違いなくこれからの邦画界を背負って立つ、このフレッシュコンビの確変を私が1番楽しみにしている。この映画でも、映画内映画『スーパームーン』でも、2人がどんな切ない表情で繊細な関係を描き出すのか、ドキドキしています」と撮影への期待を語った。

皆川暢二

皆川暢二[拡大]

なお本作には小野と平井のほか「東京の恋人」の森岡龍、「むこうのくに」のイトウハルヒ、「日本製造/メイド・イン・ジャパン」監督の松本優作、同作に出演した小西貴大土山茜、「メランコリック」の皆川暢二、「カメラを止めるな!」の山口友和、「Last Lover ラストラバー」の新井敬太、「それぞれ、たまゆら」の鎌倉梓も出演している。

上映時間60分となる予定の「シチュエーション・ラヴ」は12月にクランクイン。映画祭への出品、単館での上映、配信を目指す。

この記事の画像(全10件)

小野莉奈のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 小野莉奈 / 平井亜門 / 桜井亜美 / 森岡龍 / 小西貴大 / 土山茜 / 松本優作 / 皆川暢二 / 山口友和 / 新井敬太 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。