「トータル・リコール」4K、玄田哲章の吹替版予告&シュワちゃん語る映像が到着

72

11月27日に封切られる「トータル・リコール 4Kデジタルリマスター」より、玄田哲章によるナレーション付きの予告編が公開。あわせて玄田のコメント映像も到着した。

「トータル・リコール 4Kデジタルリマスター」

「トータル・リコール 4Kデジタルリマスター」

大きなサイズで見る(全11件)

「トータル・リコール 4Kデジタルリマスター」

「トータル・リコール 4Kデジタルリマスター」[拡大]

アーノルド・シュワルツェネッガーが主演を務めた本作は、火星への憧れを持つ男クエイドが、自分の記憶に隠された秘密を巡り、戦いに巻き込まれていくさまを描くSF大作。フィリップ・K・ディックの小説をポール・ヴァーホーヴェンが映画化した。

「トータル・リコール 4Kデジタルリマスター」ポスタービジュアル

「トータル・リコール 4Kデジタルリマスター」ポスタービジュアル[拡大]

「コマンドー」や「ターミネーター」シリーズなど、数々の日本語吹替版でシュワルツェネッガーの声を担当してきた玄田。予告編は、玄田がクエイドに声を当てたテレビ朝日版の映像となっている。玄田はコメント映像で「『トータル・リコール』は私にとっても思い出深い作品です。当時まだCGというものが発展途上で、手作りのSF映画ということで、すごい衝撃を受けました」と振り返り、シュワルツェネッガーへの思いを「彼と一緒に生きてこられたのは光栄の至りです。彼はまさに僕のグレートです!」と語った。

「トータル・リコール 4Kデジタルリマスター」は東京・TOHOシネマズ 日比谷ほか全国で公開。

この記事の画像・動画(全11件)

関連記事

アーノルド・シュワルツェネッガーのほかの記事

リンク

(c)1990 STUDIOCANAL

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 トータル・リコール 4Kデジタルリマスター / アーノルド・シュワルツェネッガー / ポール・ヴァーホーヴェン / 玄田哲章 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。