「バベル九朔」サイドストーリーの詳細明らかに、佐津川愛美らがアドリブ応酬

932

連続ドラマ「バベル九朔」のHuluオリジナルストーリー「今夜、バベルの地下一階で。」より、第1話の場面写真が公開。あわせて各話の詳細が明らかになった。

「今夜、バベルの地下一階で。」第1話場面写真。

「今夜、バベルの地下一階で。」第1話場面写真。

大きなサイズで見る(全5件)

左から前原滉、池田鉄洋、佐津川愛美、村松利史、アキラ100%。

左から前原滉、池田鉄洋、佐津川愛美、村松利史、アキラ100%。[拡大]

菊池風磨(Sexy Zone)が主演を務める「バベル九朔」は、雑居ビル・バベル九朔の管理人となった九朔満大が、すべての夢が叶う偽りの世界“バベル”へ巻き込まれていく物語。全5話の「今夜、バベルの地下一階で。」では、バベル九朔の地下1階にあるスナックを舞台に、同ビルの“テナントさん”と千加子ママが、ドラマ本編にとって“ちょっぴり大事な話”をアドリブの応酬で繰り広げる。佐津川愛美池田鉄洋前原滉、アキラ100%、村松利史がキャストに名を連ねた。

10月26日から配信される第1話には、池田演じる4階に事務所を構える世話焼きな探偵・四条さんが登場。シェリー酒を片手に四条さんが探偵になった理由や、九朔家についての大胆推理を饒舌に話しながら、千加子ママを遠回しに口説き始める会話劇が展開される。

第2話ではアキラ100%扮する1階の古レコード店の店主・市川さんが、お店の集客を狙ってスナックで動画撮影を開始するが、その映像に幽霊らしきものが映り込んでしまう。また第3話では、前原演じる2階の雑貨屋店主・双見くんが千加子ママに超常現象話を披露。第4話では、テレビ関東のプロデューサー・山下がスナックを舞台にしたドラマの取材で来店し、千加子ママの知られざる秘密が明らかになる。そして第5話では、3階で何十年も画廊を営む村松扮する蜜村さんが、満大さえも知らない父・勝の失踪前のエピソードを思い出す様子が描かれる。

万城目学の小説をもとにした「バベル九朔」は、日本テレビで毎週月曜24時59分から放送中。Huluでも配信されている。

シンドラ「バベル九朔」

日本テレビ 毎週月曜 24:59~

Huluオリジナルストーリー「今夜、バベルの地下一階で。」

Hulu 2020年10月26日(月)25:29~
※第2話は11月9日(月)、第3話は11月16日(月)、第4話は11月30日(月)、第5話は12月7日(月)に配信

この記事の画像(全5件)

関連記事

佐津川愛美のほかの記事

リンク

関連商品

(c)NTV・J Storm

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 佐津川愛美 / 池田鉄洋 / 前原滉 / アキラ100% / 村松利史 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。