伊藤健太郎、黒木瞳の指令で本番中にサプライズ?伊藤沙莉「ふざけてるのかと…」

762

十二単衣を着た悪魔」の完成披露報告会が本日10月20日に東京・セルリアンタワー能楽堂で開催され、キャストの伊藤健太郎三吉彩花伊藤沙莉山村紅葉笹野高史LiLiCo、監督の黒木瞳が登壇した。

「十二単衣を着た悪魔」完成披露報告会の様子。左から山村紅葉、伊藤沙莉、伊藤健太郎、三吉彩花、笹野高史、黒木瞳。

「十二単衣を着た悪魔」完成披露報告会の様子。左から山村紅葉、伊藤沙莉、伊藤健太郎、三吉彩花、笹野高史、黒木瞳。

大きなサイズで見る(全23件)

伊藤健太郎

伊藤健太郎[拡大]

内館牧子の小説をもとにした本作。ひょんなことから「源氏物語」の世界にトリップした青年・伊藤雷が、弘徽殿女御に仕え翻弄されながらも成長していくさまを描く。雷を演じた伊藤健太郎は、「平安時代に急に飛び込んでも意外とすんなりと対応していく姿というのが、雷の感覚と少し似ているのかなと思いました」と役柄との共通点を語り、監督としての黒木について「役者によって演出方法が違いましたし、役者の立場に立って考えてくださるのですごくありがたかったです」と述べる。

黒木瞳

黒木瞳[拡大]

MCとして参加したLiLiCoから、伊藤健太郎のオファー理由を問われた黒木は、「私が番組を持っているラジオ局で、エレベーターが開くと健太郎くんのポスターが貼ってあるんです。いつもそこを通りながら『この方が雷ちゃんをやってくれたらいいのになあ』って思いながら健太郎くんに見つめられていて。念願叶って引き受けてくださって本当に幸せでした」とエピソードを披露。それを受けた伊藤健太郎は「見つめててよかったなあ」とほっとした表情でつぶやいた。

三吉彩花

三吉彩花[拡大]

弘徽殿女御役の三吉が「撮影が始まる前に、発声やセリフの滑らかさなどを監督に何度も指導していただきました」と振り返ると、黒木は「食らい付いてくる三吉ちゃんの女優魂をひしひしと感じていました」「とにかく髪型と十二単衣とあんなに似合う方は三吉ちゃん以外にはいない!」と絶賛。さらに、雷の妻となる倫子役の伊藤沙莉について、黒木は「出演されている連ドラを観ていましたら『あ、この方が倫子!』ってひらめいて。写メを撮りました(笑)」とオファーの決め手を明かした。

左から伊藤沙莉、伊藤健太郎。

左から伊藤沙莉、伊藤健太郎。[拡大]

伊藤沙莉が素で驚いているというシーンに話題が及ぶと、伊藤健太郎は「本番前に黒木さんに呼び出されてある指令を受けまして。僕も戸惑いながら本番を迎えて、行っていいものなのか迷っていたら後ろから黒木さんに『行け! 行け!』ってすごく言われました(笑)」と述懐。「伊藤くんがアドリブでふざけてるのかと思った」と伊藤沙莉が笑うと、黒木は「なかなか健太郎くんが行かなくて(笑)。女優からしたらルール違反な演出なので、沙莉ちゃんには申し訳なかったです」と続けた。

山村紅葉

山村紅葉[拡大]

左から伊藤健太郎、三吉彩花、笹野高史。

左から伊藤健太郎、三吉彩花、笹野高史。[拡大]

「やりたい放題の役が多い中、つつましやかな役は初めて」とうれしそうに言った山村が、セリフを言うシーンで食べた硬すぎる菓子について熱弁すると、笹野は劇中でスマートフォンを舐めたことを回想。「平安時代の人は味覚なども優れていただろうと推察して重厚に演じさせていただきました」ととぼけた笹野に、伊藤健太郎は「それはほんとに違います!」とツッコみ、笑いを起こした。

「十二単衣を着た悪魔」は、11月6日より東京・新宿ピカデリーほか全国で公開。

この記事の画像・動画(全23件)

関連記事

伊藤健太郎のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2019「十二単衣を着た悪魔」フィルムパートナー

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 十二単衣を着た悪魔 / 伊藤健太郎 / 三吉彩花 / 伊藤沙莉 / 山村紅葉 / 笹野高史 / 黒木瞳 / LiLiCo の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。