おばあちゃんは小学生、94歳のスクールライフ追うパスカル・プリッソン監督作が公開

61

「世界の果ての通学路」で知られるパスカル・プリッソンが監督を務めたドキュメンタリー「GOGO(ゴゴ) 94歳の小学生」が12月に公開される。

「GOGO(ゴゴ) 94歳の小学生」メインビジュアル

「GOGO(ゴゴ) 94歳の小学生」メインビジュアル

大きなサイズで見る

本作は94歳にして小学校に通うプリシラ・ステナイ、通称ゴゴの学生生活を追うもの。3人の子供、22人の孫、52人のひ孫に恵まれ、助産師としてケニアで暮らしてきたゴゴは学齢期のひ孫たちが学校に通っていないことに気付く。自らが幼少期に勉強を許されなかったこともあり、教育の大切さを痛感していたゴゴは、周囲を説得し6人のひ孫たちと小学校に入学。歳下のクラスメイトたちと寄宿舎で寝起きし、かつて助産師として取り上げた教師にも応援されながら勉強を続け、念願の卒業試験に挑む。メインビジュアルには、ひ孫とともに勉強するゴゴの姿が捉えられた。

「GOGO(ゴゴ) 94歳の小学生」は東京・シネスイッチ銀座ほか全国で順次公開。

関連記事

リンク

関連商品

(c)Ladybirds Cinema

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 パスカル・プリッソン の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。