「TENET」週末動員トップに返り咲き、「望み」「星の子」が初登場

243

10月10日から11日の全国映画動員ランキングトップ10が興行通信社より発表され、前週2位だった「TENET テネット」が首位に返り咲いた。

「TENET テネット」ポスタービジュアル (c)2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

「TENET テネット」ポスタービジュアル (c)2020 Warner Bros Entertainment Inc. All Rights Reserved

大きなサイズで見る(全10件)

クリストファー・ノーランが監督した本作は、「TENET」という謎の言葉をキーワードに、第3次世界大戦を防ぐミッションを課せられた名もなき男の姿を描く物語。公開4週目を迎え、10月11日までの累計で興行収入は20億2165万400円、観客動員数は124万8597名を記録した。

「望み」本ビジュアル (c)2020「望み」製作委員会

「望み」本ビジュアル (c)2020「望み」製作委員会[拡大]

初登場作品は2本。堤真一と堤幸彦がタッグを組み、雫井脩介の小説を映画化した「望み」が4位、芦田愛菜が主演を務めた大森立嗣の監督作「星の子」が10位にランクインした。

2020年10月10日~11日の全国映画動員ランキングトップ10

1. TENET テネット(2↑ / 4週目)
2. 浅田家!(1↓ / 2週目)
3. 劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン(3→ / 4週目)
4. 望み(NEW)
5. 映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者(4↓ / 5週目)
6. 映画ドラえもん のび太の新恐竜(7↑ / 10週目)
7. 事故物件 恐い間取り(5↓ / 7週目)
8. ミッドナイトスワン(8→ / 3週目)
9. トロールズ ミュージック★パワー(6↓ / 2週目)
10. 星の子(NEW)

※()内は先週の順位と公開週数
※興行通信社調べ

この記事の画像(全10件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 TENET テネット / 浅田家! / 劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン / 望み / 映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者 / 映画ドラえもん のび太の新恐竜 / 事故物件 恐い間取り / ミッドナイトスワン / トロールズ ミュージック★パワー / 星の子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。