綾野剛、[Alexandros]の生演奏にアガる!「映画を完成に導いてくれた」

2470

「ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-」のプレミアイベントが本日10月5日に東京・豊洲PITで開催され、主演の綾野剛、主題歌を手がけた[Alexandros]の川上洋平、磯部寛之、白井眞輝が登壇した。

左から川上洋平、綾野剛。

左から川上洋平、綾野剛。

大きなサイズで見る(全23件)

本作は、安楽死を手口とする連続殺人犯と警視庁捜査一課の刑事コンビの攻防を描くクライムサスペンス。中山七里の小説を「神様のカルテ」の深川栄洋が実写化し、綾野が検挙率1位の敏腕刑事・犬養隼人、北川景子が冷静沈着な高千穂明日香に扮した。

綾野剛

綾野剛[拡大]

綾野は「センシティヴな題材」と本作のテーマを説明しつつ、「とにかく安心感があって聡明な方。北川さんとコンビを組むのなら乗り越えられるのではないかと思いました」と劇中でバディを組んだ北川に信頼を寄せる。自らが演じた犬養については「とてもクレバーで協調性もある」と評して「集団で一緒に何かを成し遂げるチーム感を大事にしました」と役作りの裏側を明かした。

[Alexandros]によるパフォーマンスの様子。

[Alexandros]によるパフォーマンスの様子。[拡大]

イベントの中盤では、[Alexandros]が主題歌の「Beast」を披露した。舞台袖でパフォーマンスを見守っていた綾野は「いやー最高でしたね! めちゃくちゃアガりました。正面から観たかったなあ」と興奮気味に気持ちを表現し、トークのために再登壇した[Alexandros]の面々に「どう? 緊張する?」と優しく声をかける。

「ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-」プレミアイベントの様子。

「ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-」プレミアイベントの様子。[拡大]

ムービーカメラに気付かない川上洋平(左)へ、パネル越しに合図を送る綾野剛(右)。

ムービーカメラに気付かない川上洋平(左)へ、パネル越しに合図を送る綾野剛(右)。[拡大]

ムービーカメラに手を振る綾野剛(右)と川上洋平(左)。

ムービーカメラに手を振る綾野剛(右)と川上洋平(左)。[拡大]

「仕事の話を忘れるくらいのめりこんだ」「(綾野が)また新しい顔を出してきた」と本作を絶賛したのは川上。彼は「こういう歌詞を書いたら嫌われちゃうんじゃないかと怖かったんですが、(本作を観て)それじゃいかんなと思いました」と楽曲制作に思いを馳せる。それを受けて綾野は「この曲が映画を完成に導いてくれました。映画で表現しきれなかったものを楽曲で表してもらえた」と感謝しながら、同曲を初めて聴いた際にすぐ[Alexandros]のメンバーに連絡をしたと明かす。川上は「ドキドキしていたのでほっとしました」と当時を述懐し、磯部は「忙しいのに連絡くれて、優しい人だなと思った」と、白井は「気に入ってもらえてうれしかった」と笑顔を見せた。なお川上によれば「カラオケで歌ってほしい」という思いから同曲のキーは少し低めに設定されているという。

終盤には、登壇者たちがファンからの質問に答える一幕もあった。「北川さんにビンタされたときのエピソードは?」との問いに、綾野は北川がビンタをためらっていたと前置きして「本番では想像以上のビンタが飛んできて、速すぎて見えなかった!」とにっこり。そして「さすがです」と彼女をたたえた。

「ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-」は、11月13日より全国ロードショー。

この記事の画像・動画(全23件)

関連記事

綾野剛のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2020「ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ドクター・デスの遺産-BLACK FILE- / 綾野剛 / [Alexandros] / 深川栄洋 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。