「甘いお酒でうがい」松雪泰子が“甘いお酒”贈る、じろうは空気階段になりすます

352

甘いお酒でうがい」の公開記念リモート舞台挨拶が、本日9月26日に東京・よしもと有楽町シアターで開催され、キャストの松雪泰子清水尋也、原作者・脚本家のじろうシソンヌ)、監督の大九明子が登壇した。

「甘いお酒でうがい」公開記念リモート舞台挨拶の様子。

「甘いお酒でうがい」公開記念リモート舞台挨拶の様子。

大きなサイズで見る(全14件)

松雪泰子

松雪泰子[拡大]

じろうが長年コントで演じてきた、40代の独身女性・川嶋佳子による日記という体で書かれた小説を映画化した本作。とある会社で派遣社員として働く佳子の悲喜こもごもが描かれる。松雪泰子が佳子を演じ、彼女の生活に大きな影響をもたらす岡本くん役で清水が出演した。

じろう

じろう[拡大]

松雪は「じろうさんによる本当に言葉の美しい脚本と、それを見事に映像として立ち上げられた大九監督のもとで、佳子を演じさせてもらいました。温かい気持ちになる素敵な作品に仕上がっています」と挨拶。じろうはなぜか、本作に出演している後輩・空気階段の鈴木もぐらのふりをして「ビンゴ大会で司会者役をやった鈴木もぐらです。実物はけっこう細いんですねってよく言われるんです。映像に映るとずんぐりむっくりに見えるんですけど」と話し、空気階段が本日「キングオブコント2020」の決勝を控えていることから「今日『キングオブコント』がんばりたいと思います。応援してください」と意気込んだ。

大九明子

大九明子[拡大]

大九とじろうは、「美人が婚活してみたら」でも監督と脚本家としてタッグを組んだ。今回の企画について、大九は「せっかくのコントの王様ですよ。キングオブコント(優勝者)ですよ。そんな方とご一緒するんですから、じろうさんの発する細かい言葉もできるだけ拾いたい。脚本だけ書いていただくよりは、あんなに素敵な著作をお持ちなんだから、あれを映画にしたいと思いました」と振り返る。それを受けじろうは「まさかまさかの、松雪さんと黒木華ちゃんが出演してくれるなんて。誰も見てないサイトでひっそりと連載していた原作がこんな形になるから、何が起こるかわからないですね」と自虐して笑いを起こした。

松雪泰子からグラッパをプレゼントされ「僕のだけ爆弾入ってます?」と心配するじろう。

松雪泰子からグラッパをプレゼントされ「僕のだけ爆弾入ってます?」と心配するじろう。[拡大]

清水尋也

清水尋也[拡大]

タイトルに関する話題で「甘いお酒でうがいしたことがあるのか?」と聞かれたじろうは「ないです。佳子さんがやりそうなことをタイトルにしました。なんとなくです」と告白。さらに「……ビンゴ大会は盛り上がりましたか?」と鈴木のふりを続けて笑いを誘う。また舞台挨拶では松雪が、劇中に登場する酒・グラッパを登壇者にプレゼントする場面も。じろうは箱を受け取り「僕のだけ、チッチッチッチッチって(鳴ってる)……。爆弾入ってます?」とジョークを飛ばす。さらに大久は「じろうさんに一度『甘いお酒ってなんですか?』と聞いたら、ワインだと言っていて。違うなと思ってグラッパに変えました(笑)」と裏話を披露。また撮影当時19歳で、現在21歳になった清水は、お酒が苦手だそうで「甘いお酒しか飲めないんです」「グラッパは強いんですか? ああ、がんばります……! ちびちび飲みます」とはにかんだ。

松雪泰子(右)からグラッパをプレゼントされた大九明子(左)と清水尋也(中央)。

松雪泰子(右)からグラッパをプレゼントされた大九明子(左)と清水尋也(中央)。[拡大]

最後に松雪は「佳子さんは後ろ向きな人物ではありますが、最終的には光をつかみ取る力がある人だと感じました。映画をご覧になった皆さんの心にも、温かい光が灯るんじゃないかと思います」と観客にメッセージを送った。

「甘いお酒でうがい」は東京・ヒューマントラストシネマ渋谷、テアトル新宿ほかで上映中。

※記事初出時、内容に一部誤りがありました。お詫びして訂正いたします

この記事の画像・動画(全14件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

松雪泰子のほかの記事

リンク

関連商品

(c)吉本興業

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 甘いお酒でうがい / 松雪泰子 / 清水尋也 / じろう / シソンヌ / 大九明子 / 空気階段 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。