「セーラームーンEternal」に上田麗奈、諸星すみれ、原優子、高橋李依が出演

313

「劇場版『美少女戦士セーラームーンEternal』」に上田麗奈諸星すみれ、原優子、高橋李依が出演していることが明らかになった。

左からジュンジュンと原優子、セレセレと上田麗奈、パラパラと諸星すみれ、ベスベスと高橋李依。

左からジュンジュンと原優子、セレセレと上田麗奈、パラパラと諸星すみれ、ベスベスと高橋李依。

大きなサイズで見る(全9件)

「劇場版『美少女戦士セーラームーンEternal』《前編》」ティザービジュアル

「劇場版『美少女戦士セーラームーンEternal』《前編》」ティザービジュアル[拡大]

今千秋が監督した本作は、武内直子原作のアニメ「美少女戦士セーラームーンCrystal」の第4期「デッド・ムーン編」を描く2部作の劇場版。上田ら4名は、地球と月の征服をもくろむデッド・ムーンサーカスの花形であるアマゾネス・カルテットに声を当てる。アマゾネス・カルテットは強大なパワーを秘めた幻の銀水晶を奪うため、特別な力を駆使してセーラー戦士の前に立ちはだかるキャラクターだ。

花使いのセレセレには「鬼滅の刃」の栗花落カナヲ役で知られる上田、玉乗りのパラパラには「ハイキュー!!」シリーズで谷地仁花役を務めた諸星が声を当てる。また軽術師のジュンジュンを「棺姫のチャイカ」の原、猛獣使いのベスベスを「からかい上手の高木さん」の高橋が演じることとなった。

幼少期はほぼ毎日、「美少女戦士セーラームーン」のDVDでお気に入りの回を鑑賞していたという上田。自身の役を「とても女性らしい、柔らかく華やかなビジュアルで、時には自信や余裕も感じる格好良いところもある」キャラクターだと紹介する。諸星は自身が演じるパラパラを「末っ子のようなポジション」だと説明し、「舌ったらずな部分や、コロコロ変わる表情、感情を素直に表現するところなど、パラパラの持つ個性や魅力を私なりに精一杯演じました」と述べた。

また原は「私の演じるジュンジュンは少し言葉遣いが荒いのですが、熱いキャラクターです。ただ強いだけではない熱いジュンジュンをお届けできたらいいなと思っています」、高橋は「とても綺麗で目を惹く赤髪が印象的なベスベスですが、ムチを使いこなす佇まいや、猛獣を手懐けるところから、女王さま然とした振る舞いをベースに、熱さと女の子らしさも忘れないように演じさせていただきました」とコメントしている。

三石琴乃、金元寿子、佐藤利奈、小清水亜美、伊藤静、福圓美里、野島健児もキャストに名を連ねる「劇場版『美少女戦士セーラームーンEternal』」。前編は2021年1月8日、後編は同年2月11日に封切られる。

上田麗奈 コメント

今回出演が決まった時は、プレッシャーを感じつつも、とても嬉しかったです。幼少期はほぼ毎日、母が購入してくれたセーラームーンのDVDでお気に入りのお話を鑑賞してましたし、観ている間は自分もセーラー戦士になったような気持ちで楽しくて仕方がなかったです。今でも多くのシーンを鮮明に覚えています。そんな夢中になっていた子供の頃を思い返しながら、その時感じた気持ちを大切に、そしてしっかり届けられるように頑張りたいと思いました。
とても女性らしい、柔らかく華やかなビジュアルで、時には自信や余裕も感じる格好良いところもあるセレセレさん。ふわっとした朗らかさを大切に演じさせて頂きました。何よりも、セレセレさんを含めたアマゾネス・カルテットの4人も、たくさんの方の愛情を受けながら磨かれ続けたキャラクターだと感じています。彼女たちの個性や魅力を更に引き立たせることが出来るよう、精一杯演じました。ぜひ楽しみに待っていてください。

諸星すみれ コメント

セーラームーンは誰もが知っていて、私が生まれる前から多くの人々に愛され続けてきた作品で、私自身も小さい頃に家にあったセーラームーンのファミコンのゲームにかなりハマっていました。そんなセーラームーンに出演が決まったときは「光栄だな」という気持ちと、「気合を入れて臨まないといけないな」という責任感や緊張感がありました。オーディションを受けるにあたって初期のパラパラの映像を観た時からすでに彼女の魅力に引き込まれて、ぜひ演じてみたかったので、その想いが叶ったのもとても嬉しかったです。
アマゾネス・カルテットの中では末っ子のようなポジションのパラパラですが、その幼さや無邪気さを表現しながら、敵の役だけど皆さんに愛されるキャラにしたいと思いました。舌ったらずな部分や、コロコロ変わる表情、感情を素直に表現するところなど、パラパラの持つ個性や魅力を私なりに精一杯演じました。みなさんもぜひ期待して待っていてください!

原優子 コメント

小さい頃にコスチュームを買ってもらって1日中セーラームーンごっこをしていたほど大好きなセーラームーン。オーディションの結果を聞いたときは本当に嬉しかったです。「まさかこんな大作に出演できるなんて…!」という信じられない気持ちもあり、収録台本をいただくまでひたすらそわそわしていました。収録台本をいただいてからもう1回ちゃんとびっくりしました(笑)。
私の演じるジュンジュンは少し言葉遣いが荒いのですが、熱いキャラクターです。ただ強いだけではない熱いジュンジュンをお届けできたらいいなと思っています。また、ジュンジュンをはじめ、アマゾネス・カルテットはサーカス団でもあるので、ワイワイ盛り上げていけたらいいなとも思っています。
とてもわくわくドキドキする作品になっているので、ぜひとも劇場で心の中をワイワイガヤガヤさせてくださいね!

高橋李依 コメント

生まれてから最初に夢中になったテレビゲームが「美少女戦士セーラームーンS」のものでした。ケーキをデコレーションしたり、着せ替え遊びをしたり、BGMや画面も未だ脳裏に焼き付いていて。まさか自分がセーラームーンに携わる日が来るなんて、オーディションを受けられただけでも光栄に思っていたので、驚きと喜びでいっぱいです。
とても綺麗で目を惹く赤髪が印象的なベスベスですが、ムチを使いこなす佇まいや、猛獣を手懐けるところから、女王さま然とした振る舞いをベースに、熱さと女の子らしさも忘れないように演じさせていただきました。
今回結ばれたご縁を大切に、アマゾネス・カルテットのキャストさんたちとも一丸となって挑みました! 私自身も、彼女たちがどんな風に動いて喋って、お話を掻き回してくれるのか楽しみです。ぜひ、公開をお楽しみに!

この記事の画像・動画(全9件)

関連記事

今千秋のほかの記事

リンク

関連商品

(c)武内直子・PNP/劇場版「美少女戦士セーラームーンEternal」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 劇場版 美少女戦士セーラームーン Eternal 前編 / 劇場版 美少女戦士セーラームーン Eternal 後編 / 今千秋 / 武内直子 / 上田麗奈 / 諸星すみれ / 高橋李依 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。