蒼井優と高橋一生が夫婦演じた黒沢清の監督作「スパイの妻」劇場版として公開決定

1641

蒼井優高橋一生が共演した黒沢清の監督作「スパイの妻」が、10月16日より劇場公開される。

「スパイの妻」ティザービジュアル

「スパイの妻」ティザービジュアル

大きなサイズで見る(全2件)

本作は1940年代の神戸を舞台とするサスペンス。貿易会社を営む福原優作は、満洲で目撃した恐ろしい出来事を世に知らしめようとするが、彼の妻・聡子は2人の幸せのために夫の行動を阻もうとする。8Kスーパーハイビジョンで撮影され、6月6日にNHK BS8Kでドラマとして放送された。今回はスクリーンサイズや色調を新たにした劇場版として上映される。

蒼井が主人公の聡子、高橋が優作を演じ、聡子の幼なじみである憲兵・津森泰治役で東出昌大、優作の甥・竹下文雄役で坂東龍汰が出演。恒松祐里みのすけ玄理笹野高史も参加している。黒沢とともに濱口竜介野原位が脚本を手がけた。YouTubeでは予告編が公開されている。

「スパイの妻」は東京・新宿ピカデリーほか全国で公開。

この記事の画像・動画(全2件)

関連記事

蒼井優のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2020 NHK, NEP, Incline, C&I