眞島秀和と中村アンが坂元裕二脚本ドラマに参加、松たか子と阿部サダヲの恋人役

1283

阿部サダヲ松たか子が共演するスペシャルドラマ「スイッチ」の追加キャストが発表された。

左から眞島秀和演じる鈴木貴司、松たか子演じる蔦谷円、阿部サダヲ演じる駒月直、中村アン演じる佐藤亜希。

左から眞島秀和演じる鈴木貴司、松たか子演じる蔦谷円、阿部サダヲ演じる駒月直、中村アン演じる佐藤亜希。

大きなサイズで見る(全5件)

左から阿部サダヲ演じる駒月直、松たか子演じる蔦谷円。

左から阿部サダヲ演じる駒月直、松たか子演じる蔦谷円。[拡大]

坂元裕二が脚本を手がけ、「きみの膵臓を食べたい」の月川翔が監督を務める本作。元恋人同士の検事・駒月直(こまづきなお)と弁護士・蔦谷円(つたやまどか)が、ある事件を巡って対峙するさまが描かれる。

左から眞島秀和演じる鈴木貴司、松たか子演じる蔦谷円、阿部サダヲ演じる駒月直、中村アン演じる佐藤亜希。

左から眞島秀和演じる鈴木貴司、松たか子演じる蔦谷円、阿部サダヲ演じる駒月直、中村アン演じる佐藤亜希。[拡大]

このたび、松演じる円の現在の恋人で広告代理店勤務の鈴木貴司役に眞島秀和、阿部扮する直の現在の恋人で料理研究家の佐藤亜希役に中村アンが決定。さらに、本作のキーマンの1人で弁当店勤務の星野七美を石橋静河、円の後輩となる若手弁護士・橋口結麻を岸井ゆきの、検察事務官として直を支える曽田知基を井之脇海が演じる。

また、直が担当している連続突き飛ばし事件の担当刑事・折原浩次役で迫田孝也、円が弁護することになる被疑者・大木和馬役で篠原悠伸、七美の母・星野依子役で原日出子、直と円に深い関わりをもつ大泉鷹太郎役で嶋田久作、事件の9人目の被害者・重藤啓輔役で岡部たかしが出演。そして、直の上司の検察官・本田聡司役に尾美としのり、横浜ゴールド法律事務所の所長・八角夏美役に高畑淳子がキャスティングされた。

眞島は、松と観覧車に乗るシーンを「実は僕、高いところが得意ではないので、なるべく下を見ないように、そしてNGを出さずに最短時間で乗り切ろうとしていました。ちなみに松さんはたかいところが平気みたいですよ」と述懐。中村は、阿部、松、眞島との共演を「4人で食卓を囲むシーンが多かったのですが、ワインを飲むシーンでは笑いを堪えるのに必死でした」と振り返った。

「スイッチ」はテレビ朝日系で6月21日21時からオンエア。なお、放送終了後には動画配信サービス・TELASA(テラサ)にて、4K版「スイッチ」が配信されることも決まった。4K対応端末および4K対応テレビで視聴可能となる。

スペシャルドラマ「スイッチ」

テレビ朝日系 2020年6月21日(日)21:00~

眞島秀和 コメント

台本をいただいた時、面白くて一気読みしました。僕が演じる貴司は、ちょっと残念なところがありながらも優しさのあふれる男だと思ったので、かなり柔らかく演じました。
阿部さん、松さんとのシーンでは、お二人の役柄の説得力なのか、僕も自然と貴司として現場に立つことができましたね。それはきっと、中村さんも感じていることだと思います。
松さんと二人で観覧車に乗るシーンがあったんですが、実は僕、高いところが得意ではないので、なるべく下を見ないように、そしてNGを出さずに最短時間で乗り切ろうとしていました。ちなみに松さんはたかいところが平気みたいですよ。
「スイッチ」は本当に面白い台本で、でき上がりが楽しみです。
放送当日は、僕も視聴者の皆さまと一緒にリアタイします。

中村アン コメント

引き込まれる会話劇や登場人物への興味、どこか他人事ではないような親近感、「この作品に出られるんだ!!」という気持ちで、とてもうれしかったです。
私の演じる亜希は、完璧で充実した日々を送っていそうに見えるんです。でも、実は愛する彼の心をどこかつかめていない……という現実を分かりながらも貫く姿が切なく、たくましいなと思いました。大切なシーンで出てくる「みょうが」が、私の中では心に残っています。
阿部さん、松さん、眞島さん……みなさんの作品をたくさん見させていただいていたので、今回こうして共演させていただくことができて、本当にうれしかったです。素晴らしい機会に感謝しています。4人で食卓を囲むシーンが多かったのですが、ワインを飲むシーンでは笑いを堪えるのに必死でした。
私も早く放送で見たくて、うずうずしています。きっとあっという間に終わってしまうのだろうなぁと思いながら……。ぜひ楽しんでください!!

この記事の画像(全5件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

坂元裕二のほかの記事

リンク

関連商品

(c)テレビ朝日