バラバラ家族のロードムービー「リトル・ミス・サンシャイン」が7月に特別公開

219

ジョナサン・デイトンヴァレリー・ファリスが監督を務めた2006年公開作「リトル・ミス・サンシャイン」が、7月10日から特別上映される。

「リトル・ミス・サンシャイン」

「リトル・ミス・サンシャイン」

大きなサイズで見る(全3件)

「リトル・ミス・サンシャイン」

「リトル・ミス・サンシャイン」[拡大]

「リトル・ミス・サンシャイン」

「リトル・ミス・サンシャイン」[拡大]

本作は、古びたミニバスでカリフォルニアを目指すフーバー一家のロードムービー。9歳の娘・オリーブがひょんなことから全米美少女コンテストの地区代表に選ばれたため、一家は決戦の地を目指して出発する。しかし、道中はトラブルだらけで、個性派ばかりの家族の仲は崩壊寸前になってしまう。「ゾンビランド」シリーズのアビゲイル・ブレスリンがオリーブを演じたほか、グレッグ・キニアポール・ダノアラン・アーキントニ・コレットスティーヴ・カレルが共演に名を連ねた。

2007年の第79回アカデミー賞では、作品賞含む4部門へノミネートされ、アーキンが助演男優賞、マイケル・アーントが脚本賞を獲得。公開当時は35mmフィルムでの上映だったが、今回は本作初のデジタル上映が行われる。

「リトル・ミス・サンシャイン」は、東京・新宿ピカデリーほか全国で順次公開。

この記事の画像(全3件)

関連記事

ジョナサン・デイトンのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2006 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.