文音主演、多発性硬化症テーマの「そこからの光」オンライントークイベント開催

98

多発性硬化症(MS)をテーマにした長編映画「そこからの光~未来の私から私へ」が完成。これを記念したオンラインイベントが、5月30日17時30分より行われる。

「そこからの光~未来の私から私へ~」ビジュアル

「そこからの光~未来の私から私へ~」ビジュアル

大きなサイズで見る

多発性硬化症は中枢神経系の脱髄疾患の一つ。足のしびれ、感覚機能や判断力の低下など症状は多岐にわたり、患者が肉体的な痛みや苦しみを抱えていることが他人にはわからない場合もあるという。

本作は多発性硬化症の情報発信に取り組んだ主人公・中村翔子の半生を描く物語だ。翔子が多発性硬化症と診断されるまでの経緯や、闘病中の心情、彼女と医療関係者や家族、友人、同じ病気の患者たちとの関わりが描かれる。

翔子を演じたのは「ばぁちゃんロード」の文音。翔子の友人・谷口千佳にニッチェ江上敬子、主治医の広中悦子に田中美奈子が扮した。淀川茂が監督を務め、淀川と高瀬博行がNPO法人「MSキャビン」の理事長である中田郷子の経験を参考に脚本を執筆。多発性硬化症への理解促進と患者やその周囲にいる人の励みになればとの思いから本作は制作された。

2020 World MS Dayである5月30日に行われるオンラインイベントには淀川のほか、東京女子医科大学八千代医療センター脳神経内科准教授の大橋高志氏が出演。文音、江上、田中はビデオメッセージなどで登場する予定だ。イベントではメイキング映像の公開に加え、映画の制作秘話や作品への思いなどが語られる。視聴申し込みは、MS疾患啓発Webサイト「MSサポートナビ」で受付中。詳細についてはMSサポートナビで確認を。

「そこからの光~未来の私から私へ~」は2021年2月に劇場公開される予定。

「そこからの光~未来の私から私へ」映画予告トークイベント

2020年5月30日(土)17:30~18:00
<出演者>
淀川茂 / 大橋高志(女子医科大学八千代医療センター脳神経内科准教授)
※文音、江上敬子、田中美奈子はビデオメッセージなどで登場予定

関連記事

文音のほかの記事

リンク

関連商品