刑務所で男が自分探しの旅を開始、「オールデイ・アンド・ア・ナイト」配信

46

Netflix映画「オールデイ・アンド・ア・ナイト: 終身刑となった僕」が、明日5月1日より独占配信される。

「オールデイ・アンド・ア・ナイト: 終身刑となった僕」キーアート

「オールデイ・アンド・ア・ナイト: 終身刑となった僕」キーアート

大きなサイズで見る(全7件)

「オールデイ・アンド・ア・ナイト: 終身刑となった僕」(写真提供:Matt Kennedy)

「オールデイ・アンド・ア・ナイト: 終身刑となった僕」(写真提供:Matt Kennedy)[拡大]

「オールデイ・アンド・ア・ナイト: 終身刑となった僕」(写真提供:Matt Kennedy)

「オールデイ・アンド・ア・ナイト: 終身刑となった僕」(写真提供:Matt Kennedy)[拡大]

米オークランドのギャング抗争の中で、ラップへの夢を持ち続けようと苦闘するジャコールの姿を描く本作。父親J.D.のようにはなりたくないと思っていたジャコールだったが、父とともに刑務所に入ることに。自分探しの旅を始めた彼は、父と自分自身を結び付ける危険な世界を探る。そして生まれたばかりの自分の息子が、この避けがたいサイクルを断ち切ることを願っていた。

「オールデイ・アンド・ア・ナイト: 終身刑となった僕」(写真提供:Matt Kennedy)

「オールデイ・アンド・ア・ナイト: 終身刑となった僕」(写真提供:Matt Kennedy)[拡大]

「オールデイ・アンド・ア・ナイト: 終身刑となった僕」メイキング(写真提供:Matt Kennedy)

「オールデイ・アンド・ア・ナイト: 終身刑となった僕」メイキング(写真提供:Matt Kennedy)[拡大]

「ムーンライト」のアシュトン・サンダースがジャコール、「007」シリーズのジェフリー・ライトがJ.D.に扮し、ドラマ「ウォッチメン」のヤーヤ・アブトゥル=マティーン二世も共演した。監督と脚本を担当したのは、「ブラックパンサー」のシナリオを共同で手がけたジョー・ロバート・コール。

この記事の画像・動画(全7件)

アシュトン・サンダースのほかの記事

リンク

関連商品