「ワンパンマン」のハリウッド実写映画化が始動、「ヴェノム」脚本家が参加

195

ONE原作、村田雄介作画によるマンガ「ワンパンマン」の実写映画化がアメリカで進められているとVarietyなどが報じた。

「ワンパンマン」1巻表紙 (c)ONE・村田雄介/集英社

「ワンパンマン」1巻表紙 (c)ONE・村田雄介/集英社

大きなサイズで見る

報道によれば、脚本は「ヴェノム」「ジュマンジ/ネクスト・レベル」でも共同執筆したスコット・ローゼンバーグとジェフ・ピンクナーが担当。ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントが製作する。

「ワンパンマン」はパンチ1発で敵を倒すスーパーヒーロー・サイタマを主人公とした、ギャグありバトルありのアクションマンガ。テレビアニメ化もされ、2015年に第1期、2019年に第2期がテレビ東京系で放送された。

ONEは自身のTwitterで「ワンパンマンの実写映画化が決まりました。皆さまのおかげです! ありがとうございます。感謝に堪えません。ハリウッドで作られるサイタマのストーリーがどのような内容になるのか僕も今からとても楽しみです!」と喜びを伝えている。

(情報提供:IndieWire / VM / ゼータ イメージ)

ONEのほかの記事

リンク

関連商品