映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

京都でワーナー作品集めた企画上映を開催、「オズの魔法使」「理由なき反抗」など6本

130

「オズの魔法使」 (c)2013 Turner Entertainment Co. and Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

「オズの魔法使」 (c)2013 Turner Entertainment Co. and Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

「『オズの魔法使』とワーナー・ブラザース クラシックス傑作選」と銘打たれた特集上映が、明日3月27日から4月9日にかけて京都・出町座で開催される。

今回はジュディ・ガーランドが主役を務めた「オズの魔法使」、ジェームズ・ディーンナタリー・ウッドの共演作「理由なき反抗」、サム・ペキンパーがメガホンを取ったアクション「ゲッタウェイ」を上映。

また実際に起こった銀行強盗事件をもとにしたアル・パチーノの出演作「狼たちの午後」、ダスティン・ホフマンロバート・レッドフォードが記者を演じた「大統領の陰謀」のほか、ピーター・セラーズ扮する庭師を巡るコメディ「チャンス」もスクリーンにかけられる。

「オズの魔法使」とワーナー・ブラザース クラシックス傑作選

2020年3月27日(金)~4月9日(木)京都府 出町座
料金:一般 1800円 / シニア 1100円 / 学生、障害者、会員 1000円
<上映作品>
「オズの魔法使」
「理由なき反抗」
ゲッタウェイ(1972年)
「狼たちの午後」
「大統領の陰謀」
「チャンス」

映画ナタリーをフォロー