サム・ペキンパー

サムペキンパー

ドン・シーゲルの助手を経て、1961年監督デビュー。新しいタイプの西部劇監督として注目された。「ワイルドバンチ」(1969)の殺戮シーンの新鮮さはバイオレンス派としての彼の作風を決定づけた。

関連する画像