映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

「一度死んでみた」本編映像、広瀬すずの“大根芝居”に吉沢亮が「最低の演技だ」

367

「一度死んでみた」

「一度死んでみた」

広瀬すずが主演を務めた「一度死んでみた」より、本編映像の一部がYouTubeで解禁された。

本作は父親のことが大嫌いな反抗期の娘・七瀬が、“2日間だけ死んじゃう薬”を飲んだ父を生き返らせるため奮闘するコメディ。広瀬が七瀬を演じたほか、七瀬の父である製薬会社の社長・野畑計に堤真一、野畑製薬の社員・松岡に吉沢亮が扮している。

仮死状態の計が動けないのをいいことに、ライバル会社のワトソン製薬は、計が生き返る前に火葬を済ませようと画策。映像には、そんな父親のピンチを救うため七瀬と松岡が告別式を行って生き返るまでの時間を稼ごうとするさまが切り取られた。演技力に自信を持つ七瀬が泣き落とし作戦を実行するも、その大根芝居を見た松岡が「最低の演技だ」とつぶやくシーンとなっている。

なお七瀬が「めちゃめちゃ……うまいわよ」と自信満々に答えたシーンで耳を触っているが、これは劇中に何度も出てくる七瀬の癖。耳を触っているときの発言と、その後の行動を照らし合わせると、ある共通点が浮かび上がってくるという。

KDDI「三太郎」シリーズのCMディレクター・浜崎慎治が監督を務めた「一度死んでみた」は、3月20日より全国ロードショー。

(c)2020 松竹 フジテレビジョン

映画ナタリーをフォロー