「イスラーム映画祭5」3都市で開催、「ザ・メッセージ」のアラビア語版など上映

56

特集上映「イスラーム映画祭5」が、3月14日から20日にかけて東京・ユーロスペースで開催される。

アル・リサーラ/ザ・メッセージ(アラブ・バージョン/デジタル・リマスター版)

アル・リサーラ/ザ・メッセージ(アラブ・バージョン/デジタル・リマスター版)

大きなサイズで見る(全2件)

ムスリムの人々への誤解や偏見を払拭すべく開催されてきたイスラーム映画祭。今回はハリウッド映画「ザ・メッセージ 砂漠の旋風」の“幻のアラビア語版”である「アル・リサーラ/ザ・メッセージ(アラブ・バージョン/デジタル・リマスター版)」が特別上映される。「アル・リサーラ」は「ザ・メッセージ」のキャストをアラブ人俳優に入れ替えて撮影したアラブ世界向けのバージョンで、これが日本初上映となる。

「銃か、落書きか」

「銃か、落書きか」[拡大]

そのほかの日本初上映作品は、西サハラの人々によるモロッコへの抵抗運動を題材にしたドキュメンタリー「銃か、落書きか」、トルコ・イスタンブールに避難したシリア難民の少女を描く「ゲスト:アレッポ・トゥ・イスタンブール」など。パレスチナ・ガザ地区に住む人々をサーフィンを通して見つめるドキュメンタリー「ガザ・サーフ・クラブ」、“イスラームと科学”をテーマにした「イクロ2 わたしの宇宙(そら)」も初披露される。

また過去に行われたイスラーム映画祭の上映作である「神に誓って」「私たちはどこに行くの?」「アブ、アダムの息子」「花嫁と角砂糖」「わたしはヌジューム、10歳で離婚した」が再びスクリーンに。期間中はトークセッションも実施される。詳細は映画祭公式サイトで確認しよう。

「イスラーム映画祭5」はユーロスペースのほか、愛知・名古屋シネマテークで4月25日から5月1日、兵庫・元町映画館で5月2日から8日に開催。

イスラーム映画祭5

2020年3月14日(土)~20日(金・祝)東京都 ユーロスペース
2020年4月25日(土)~5月1日(金)愛知県 名古屋シネマテーク
2020年5月2日(土)~8日(金)兵庫県 元町映画館
<上映作品>
「アル・リサーラ/ザ・メッセージ(アラブ・バージョン/デジタル・リマスター版)」
「銃か、落書きか」
「ゲスト:アレッポ・トゥ・イスタンブール」
「ガザ・サーフ・クラブ」
ハラール・ラブ (アンド・セックス)
「ベイルート - ブエノス・アイレス - ベイルート」
「ラグレットの夏」
「イクロ2 わたしの宇宙(そら)」
「神に誓って」
「私たちはどこに行くの?」
「アブ、アダムの息子」
「花嫁と角砂糖」
「わたしはヌジューム、10歳で離婚した」

この記事の画像(全2件)

リンク

関連商品