映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

千葉雄大「スマホ2」現場でブイブイ言わせる、井浦新は成田凌と“キモい対決”

2625

左から鈴木拡樹、白石麻衣、千葉雄大、成田凌、井浦新。

左から鈴木拡樹、白石麻衣、千葉雄大、成田凌、井浦新。

スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」の完成披露舞台挨拶が本日1月29日に東京・イイノホールで行われ、キャストの千葉雄大白石麻衣乃木坂46)、成田凌鈴木拡樹井浦新、監督の中田秀夫が登壇した。

「スマホを落としただけなのに」の続編となる本作。前作で起きた連続殺人事件の現場から新たな死体が発見されたことから、千葉演じる刑事・加賀谷学は成田扮する獄中の殺人鬼・浦野善治と再び対面する。等身大のスマートフォンのパネルから、大きな歓声に迎えられて登場したキャストたち。主演を務めた千葉が「皆さんを引っ張っていく心づもりで現場に臨んだので、ブイブイ言わせていました」と得意な顔で述べると、成田は「そうですね。白石さんと僕で“ブイ”と“ブイ”を分け合っていました……よくわからないですね! やっぱキャンセルで!」とセルフツッコミをしてさっそく笑いを起こす。

前作での猟奇的な演技の反響が大きかったという成田。「初対面の方は『スマホ』のイメージでなかなか目を合わせてくれないことがほとんどで。『よかった、成功だ。中田監督ありがとうございます』という気持ちで過ごしていましたね」と述懐する成田を、中田は「前作で北川(景子)さんが『人間の目ってこんなに大きくなるんだ』とおっしゃっていて。あの演技は成田さんの発明だと思っています」と称賛した。

白石、鈴木、井浦の3人は本作からメインキャストとして参加。Webセキュリティ会社社長という役柄の鈴木は、「僕は機械全般がすごく苦手なんです。読み合わせのとき監督に『パソコンを使っているときに寄るカットってどのくらいありますか?』と質問してしまいました」と告白する。井浦は「前作で成田くんが演じた浦野が本当に気持ち悪いなって。個人的には、成田くんと“キモい系俳優”として“キモい対決”したいなと思っていました」とニヤリ。1月初旬に乃木坂46の卒業を発表した白石は、「去年の夏頃に撮影していたときは、卒業でも悩んでいて。でもこの作品で全力を出しきったときに、卒業ともつながるものがあったので、今かなと思い発表させていただきました。たくさん勉強にもなりましたし、この作品に出会えてすごくうれしく思っています」と胸中を吐露した。

ここで、本作の容疑者“M”の正体を男性キャストたちが「我こそはMだ」とプレゼンするコーナーに。まず成田はステージを歩き回り、「前作で言いました。『ぜーんぶ僕です!!』と。そして今回のタイトルは『囚われの殺人鬼』、それはつまり僕です!!」と浦野の表情を作りながらアピールして会場を盛り上げる。続いて井浦は、謎に包まれた男を演じていることから「ポスターでも明らかに僕が犯人の様相をしていますよね?」と淡々と説明し、鈴木は加賀谷の元同僚であるというポイントを挙げて動機があることを主張していく。

ラストの千葉は「まあ皆さんね、がんばっていましたけれどもお疲れさまって感じですよね」という煽りからスタート。加賀谷の名前のイニシャルがMであることや、ポスターに写るフードの男の輪郭がかわいらしいフォルムであること、そして実際の性格が誰よりも二面性のあることを強調すると最後は「僕です!!」と成田のセリフを繰り返してプレゼンを終えた。これを受けて、白石は一番プレゼンをがんばった人物として千葉を選出。“犯人M”の称号を贈られた千葉はガッツポーズを決めて喜んだ。

「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」は2月21日に全国で公開。

(c)2020映画「スマホを落としただけなのに2」製作委員会

映画ナタリーをフォロー