Rotten Tomatoes年間賞で「エンドゲーム」「パラサイト」がベスト映画に

101

アメリカの映画批評サイト・Rotten Tomatoesによる、Golden Tomato Awards 2019の結果が発表された。

「アベンジャーズ/エンドゲーム」MovieNEXジャケット(販売中 / 税込4620円)※デジタル配信中、4K UHD MovieNEX(税込8800円)も販売中 (c)2019 MARVEL

「アベンジャーズ/エンドゲーム」MovieNEXジャケット(販売中 / 税込4620円)※デジタル配信中、4K UHD MovieNEX(税込8800円)も販売中 (c)2019 MARVEL

大きなサイズで見る(全2件)

批評家によるレビューのうち、肯定的なものの割合を“トマトメーター”として数値化し紹介しているRotten Tomatoes。Golden Tomato Awardsは、そのメーターの数値に従って作品を選定している。

「パラサイト 半地下の家族」 (c)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

「パラサイト 半地下の家族」 (c)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED[拡大]

全国公開作品でベストムービーに選ばれたのは、マーベル・スタジオの「アベンジャーズ/エンドゲーム」。同作にはサイト内で500以上のレビューが集まり、94%フレッシュの評価を得た。そして限定公開作品では、ポン・ジュノの監督作「パラサイト 半地下の家族」が1位に。「パラサイト」には現在349のレビューが寄せられ、99%フレッシュという高評価を記録中だ。なお同作は、外国語映画部門などでもベストムービーに選ばれている。

そのほかアクション映画部門ではキアヌ・リーヴス主演の「ジョン・ウィック:パラベラム」、アニメ映画部門ではディズニー / ピクサーの「トイ・ストーリー4」、ホラー映画部門ではジョーダン・ピール監督作「アス」、ミュージカル映画部門ではエルトン・ジョンの半生を描く「ロケットマン」が受賞した。

新作ドラマ部門では、HBOがアメコミを実写化した「ウォッチメン」が1位に。ドキュメンタリーシリーズ部門では、マイケル・ジャクソンの性的虐待疑惑に斬り込む、Netflixの「ネバーランドにさよならを」が選ばれている。

この記事の画像(全2件)

Golden Tomato Awards 2019 ベスト映画 / ドラマ

全国公開ベスト映画

アベンジャーズ/エンドゲーム

限定公開ベスト映画

パラサイト 半地下の家族

新人監督ベスト映画

トイ・ストーリー4

外国語ベスト映画

「パラサイト 半地下の家族」

スペイン語ベスト映画

「Pain and Glory(英題)」

オーストラリアベスト映画

「The Nightingale(原題)」

イギリスベスト映画

彼らは生きていた

新作ベストドラマ

「ウォッチメン」シーズン1

続編ベストドラマ

「Fleabag フリーバッグ」シーズン2

ベストテレビ映画

「デッドウッド ~決戦のワイルドタウン~」

Golden Tomato Awards 2019 ジャンル別ベスト映画

アクション

ジョン・ウィック:パラベラム

アニメーション

「トイ・ストーリー4」

コメディ

「Booksmart(原題)」

コミック・グラフィックノベル原作

「アベンジャーズ/エンドゲーム」

ドキュメンタリー

アポロ11 完全版

ドラマ

「パラサイト 半地下の家族」

ホラー

アス

キッズ&ファミリー

「クエスト・オブ・キング 魔法使いと4人の騎士」

ミュージカル / 音楽

ロケットマン

SF / ファンタジー

アド・アストラ

スリラー

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密

Golden Tomato Awards 2019 ジャンル別ベストドラマ

アニメーション

「アンダン ~時を超える者~」シーズン1

コメディ

「Fleabag フリーバッグ」シーズン2

ドキュメンタリーシリーズ

「ネバーランドにさよならを」

ドラマ

「アンビリーバブル たった1つの真実」シーズン1

ホラー

「Evil(原題)」シーズン1

ミニシリーズ / リミテッドシリーズ / アンソロジー

「チェルノブイリ」

SF / ファンタジー

「ダーク」シーズン2

スーパーヒーロー

「ウォッチメン」シーズン1

関連記事

リンク

関連商品