映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

「キングダム」佐藤信介が監督賞に、山崎賢人は再タッグ熱望「これからも一緒に」

1093

抱き合う佐藤信介(右)と山崎賢人(左)。

抱き合う佐藤信介(右)と山崎賢人(左)。

第44回報知映画賞の表彰式が本日12月18日に東京のザ・プリンス パークタワー東京で行われ、監督賞を受賞した「キングダム」の佐藤信介が出席。主演を務めた山崎賢人が花束贈呈に駆け付けた。

原泰久の同名マンガを実写化した本作。選者から続編の製作について聞かれた佐藤は「作れたらいいな……と思っているだけです」と苦笑い。山崎は「監督賞おめでとうございます! 『キングダム』は僕にとっても大切な作品。これからも監督と一緒に、世界の人々を熱く、楽しませられる作品を作っていけたら幸せだなと思います」と祝福した。

佐藤は映画に心奪われた幼少期を回想しながら「自分なりの映画を空想していたような子供でした。あのとき空想した映画をどうしても撮りたくて映画監督になったんです。『キングダム』もまさにそのような映画。たまたま主人公の名前も信。勝手に山崎賢人は僕だ!と思って作っていました。特別な思い入れのある作品です」と思いの丈を述べる。

最後に、数カ月前に亡くなったという妻のことに触れ「私個人のことですが、今年最後にこの賞をいただけて本当にうれしい。数カ月前に、この作品や自分の活躍をずっと楽しみにしてくれていた妻を亡くしました。遅くなりましたけども、妻と遺された子供たちと一緒に喜びを分かち合いたい」と時折声を詰まらせながら語った。

※山崎賢人の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

※関連記事はこちらから
玉城ティナが報知新人賞に輝き「映画が本当に大好き」、松岡茉優は鈴鹿央士を祝福

成田凌、助演男優賞に輝き「ちょっとだけ自信もらえた」、小松菜奈は助演女優賞に

長澤まさみの主演女優賞を小日向文世が祝う、男優賞の中井貴一は父へ思い馳せる

映画ナタリーをフォロー