映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

ライアン・レイノルズが告白「マイケル・ベイが監督でなければ出なかった」

73

「6アンダーグラウンド」

「6アンダーグラウンド」

マイケル・ベイ監督作「6アンダーグラウンド」で主演を務めたライアン・レイノルズより、インタビューコメントが到着した。

本作は謎の億万長者、元CIAスパイ、凄腕の医者などスキルも職業もバラバラな男女6人が、チームを結成し最難関のミッションに挑むノンストップアクション。「アルマゲドン」や「トランスフォーマー」シリーズを手がけたベイは容赦なき爆発シーンや迫力満点のアクションを得意とし、“破壊王”の異名を持つ。そんな彼が本作の撮影で使用した車両は750台以上、爆破などで消費した燃料の総量は6万リットル以上に上った。

レイノルズは「マイケル・ベイが監督をしなかったら、僕はこの作品に出ることはなかったと思う」と断言。「脚本を読んだとき、ものすごい規模のスペクタクルとアクションが描かれていたから、これはきっとシーンの多くがCGを多用しないと作れないだろうと思った。だけど僕はそういったものにそれほど魅力を感じないんだ」と打ち明け、「マイケル・ベイが監督することで、僕にとってその脚本がとても魅力的なものになった。なぜなら、ほとんどが現場で実際に撮影されるリアルなものになることがわかったからね」と、ベイの撮影スタイルが出演の決め手となったことを明かす。そして「本当にエキサイティングだったよ。彼はいろんなものを吹っ飛ばしたんだ!(笑)」と現場を振り返った。

「6アンダーグラウンド」は12月13日よりNetflixで全世界同時配信。

映画ナタリーをフォロー