映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

オリヴィエ・アサイヤス特集開催、「イルマ・ヴェップ」などリマスター版で初上映

59

「イルマ・ヴェップ」

「イルマ・ヴェップ」

特集上映「オリヴィエ・アサイヤス特集2019 ー世界のしめす逃走線とともに」が、11月30日から12月8日にかけて東京のアンスティチュ・フランセ 東京で行われる。

東京フィルメックスへの参加と「冬時間のパリ」の日本公開を機に来日するオリヴィエ・アサイヤス。本特集では1990年代から2000年代初頭にかけて発表された作品がラインナップの中心となっている。

マギー・チャンが本人役で主演を務めた「イルマ・ヴェップ」、フランソワ・クルーゼマチュー・アマルリックが共演した「8月の終わり、9月の初め」、日本から大森南朋山崎直子らが出演したサスペンス「デーモンラヴァー」の3本はデジタルリマスター版で日本初上映。また国内でソフト化されていない「冷たい水」「感傷的な運命」を35mmで鑑賞できる貴重な機会となる。12月20日に封切られる「冬時間のパリ」の先行上映も実施。

アサイヤスは11月30日にティーチイン、12月2日に樋口泰人との対談に出席する予定だ。詳細なスケジュールはアンスティチュ・フランセ 東京の公式サイトで確認してほしい。前売り券は明日11月20日15時にPeatixで発売される。

オリヴィエ・アサイヤス特集2019 ー世界のしめす逃走線とともに

2019年11月30日(土)~12月8日(日) 東京都 アンスティチュ・フランセ 東京
<上映作品>
「冷たい水」
「イルマ・ヴェップ」
「8月の終わり、9月の初め」
「感傷的な運命」
「デーモンラヴァー」
アクトレス~女たちの舞台~
「冬時間のパリ」
料金:一般 1200円 / 学生 800円 / 会員 500円

映画ナタリーをフォロー