映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「IT/イット THE END」原作者スティーヴン・キングのカメオ出演シーンを特別公開

78

「IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」

「IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」より、原作者であるスティーヴン・キングのカメオ出演シーンがYouTubeで公開された。

「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」の27年後を舞台に、大人になったルーザーズクラブの仲間たちが新たな事件に立ち向かう本作。11月1日に全国719スクリーンで封切られ、公開13日目という前作より3日早いペースで興行収入10億円を突破した。

1989年公開の「ペット・セメタリー」に牧師役で出演するなど、自身が原作を手がけた映像作品にたびたび登場してきたキング。本作では、故郷デリーに戻ってきた主人公ビルが訪れるリサイクル店の店員役で登場している。

監督のアンディ・ムスキエティは「スティーヴン・キングのカメオ出演は、楽しみながらの撮影だった。彼はとても面白い人で、深く尊敬している人でもある。だから前作を高く評価して支持してくれたときは本当にうれしかった。完結編のビジョンをあと押ししてくれたようなもの」とコメント。「撮影当日、彼は積極的に参加してくれて、お互いにリラックスして仕事ができた。彼が乗り気になってくれたから、ユーモアのあるシーンにできたんだ。この経験は夢のようだったよ」と振り返り、「スティーヴン・キング先生ありがとう! 僕は先生が大好きだ! 心から尊敬しています!」と感謝している。

「IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」は全国で上映中。

※「IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」はR15+指定作品

(c)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

映画ナタリーをフォロー