「フォードvsフェラーリ」監督がマット・デイモンとクリスチャン・ベールの相性語る

156

フォードvsフェラーリ」のLAプレミアイベントが現地時間11月4日に米ロサンゼルスで開催され、キャストのマット・デイモンクリスチャン・ベール、監督のジェームズ・マンゴールドらが出席した。

「フォードvsフェラーリ」プレミアイベントの様子。左からジェームズ・マンゴールド、マット・デイモン、クリスチャン・ベール。

「フォードvsフェラーリ」プレミアイベントの様子。左からジェームズ・マンゴールド、マット・デイモン、クリスチャン・ベール。

大きなサイズで見る(全12件)

「フォードvsフェラーリ」

「フォードvsフェラーリ」

実話をもとにした本作では、1966年の“ル・マン24時間耐久レース”で絶対王者フェラーリに挑んだフォードの男たちの姿が描かれる。フォード社の使命を受けたカーエンジニアのキャロル・シェルビーをデイモン、破天荒なイギリス人レーサーのケン・マイルズをベールが演じた。

クリスチャン・ベール

クリスチャン・ベール

左からクリスチャン・ベール、マット・デイモン。

左からクリスチャン・ベール、マット・デイモン。

劇中に登場する名車を自ら運転して登場したデイモンとベール。デイモンは「素晴らしい奇跡の大逆転の物語だと思ったし、これまで聞いたことがないストーリーでもあった。観客が気に入ってくれるといいなと願っているよ」と自信を見せる。デイモンとベールを「世界でもっとも偉大な2人の俳優」と称賛するマンゴールドは、「彼らの間には素晴らしい相性があった。マットはものすごく禅的で、すごくさりげない。クリスチャンは爆竹みたいなんだ。だから2人の間にはたくさん火花が散る。とても素晴らしかったよ」と述懐した。

「フォードvsフェラーリ」プレミアイベントの様子。

「フォードvsフェラーリ」プレミアイベントの様子。

なお、フォードGT40 MKIIやフェラーリ330P4など劇中にも登場する歴史的な名車が並べられた本イベントには、キャストのトレイシー・レッツジョン・バーンサルジョシュ・ルーカスノア・ジュプらも参加した。

「フォードvsフェラーリ」は2020年1月10日より全国ロードショー。

この記事の画像・動画(全12件)

リンク

関連記事

関連商品

(c)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation