映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

「アースクエイクバード」ロンドン上映、小林直己がA・ヴィキャンデルとの現場回想

107

左からジャック・ヒューストン、アリシア・ヴィキャンデル、ウォッシュ・ウエストモアランド、小林直己。

左からジャック・ヒューストン、アリシア・ヴィキャンデル、ウォッシュ・ウエストモアランド、小林直己。

Netflixオリジナル映画「アースクエイクバード」のロンドンプレミアが、イギリス現地時間10月10日に開催され、キャストのアリシア・ヴィキャンデル小林直己EXILE / 三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)、監督のウォッシュ・ウエストモアランドらが舞台挨拶に登壇した。

リドリー・スコットが製作総指揮を担当した本作は、1980年代の日本を舞台に、イギリス人女性リリーの殺人容疑をかけられた女性ルーシーの心理を描くサスペンスミステリー。ヴィキャンデルがルーシーを演じ、小林は2人の女性の関係をかき回すミステリアスな日本人カメラマン禎司を演じた。

プレミア会場であるビュー・シネマ・ロンドンには、500人以上の観客が詰めかけた。今回ハリウッドデビューを果たした小林は「監督とは日本の文化や伝統についてたくさん話し合ってキャラクターを作り上げ、アリシアは常に厚くサポートしてくれました。そのおかげで役者同士として心を通わせることができ、本当に素晴らしい体験をすることができました」と現場を振り返る。また小林は、2016年から1日3時間ずつ週5日英語のレッスンを受け、2017年にオーディションでこの役をつかみ取ったことから「出演が決まったときは驚きましたが、何より脚本を読んだときから絶対にこの役を演じたいと思っていた。結果的にそういう思いが届いたのかな」と回想した。

また小林は現在、日本でのアーティスト活動のほか、海外での俳優活動をサポートするマネージャー、プロモーターとも契約を結んでいる。「今回の経験は大きな一歩になったと同時に、身が引き締まる思い。これまでやってきたフィールドから外に広げていけるような活動をし、それを日本という僕らの主体となるフィールドに持ち帰り、これまで応援してくださっている皆さんに楽しんでもらいたい。今日からまたスタートです」と、今後のグローバルな活動に意欲を見せた。

「アースクエイクバード」はNetflixにて、11月15日に全世界で配信スタート。北米およびイギリスでは期間限定の劇場公開も決まっている。なお本作は、10月28日から開催される第32回東京国際映画祭で特別招待作品としてスクリーンにかけられることも決定しており、上映にはヴィキャンデル、小林、ウエストモアランドが参加する予定だ。

映画ナタリーをフォロー