映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「貞子」ソフトが10月発売、池田エライザと中田秀夫のオーディオコメンタリー収録

61

オーディオコメンタリーの様子。左から貞子、池田エライザ、中田秀夫。

オーディオコメンタリーの様子。左から貞子、池田エライザ、中田秀夫。

池田エライザが主演、中田秀夫が監督を務めた「貞子」のBlu-ray / DVDが10月30日に発売される。このたび特典である池田、中田、貞子のオーディオコメンタリーよりコメントの一部が到着した。

池田演じる心理カウンセラー・秋川茉優が奇妙な出来事に見舞われていくさまを描いた本作。塚本高史清水尋也姫嶋ひめか桐山漣ともさかりえ佐藤仁美も出演した。

オーディオコメンタリーはBlu-rayとDVDの両方に収録。池田が「病院の食堂で撮影しているとき、すごくおなかがすいていたので、カットがかかるたびに劇中のご飯を食べていたら、つながらないって怒られて。あとでごはんを足してもらいました(笑)」と裏話を披露しているほか、中田は「『リング』シリーズで有名な、貞子が井戸から出てくるシーンは、方法論は似せつつ、今回すべて撮り直しました。『リング』『リング2』『貞子』3作すべて、貞子の故郷・伊豆大島で撮影しています。海でも川でも、自分の映画に水面が出てくると落ち着くんです」と語っている。

なおBlu-rayにはメイキングやイベント映像集なども収められた。ブックレット「20年の歴史と総括―『リング』シリーズ完全ガイド」、池田のブロマイド3点セットも同梱される。

※桐山漣の漣はさんずいに連が正式表記

(c)2019「貞子」製作委員会

映画ナタリーをフォロー