映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「ジオウ」「リュウソウジャー」奥野壮ら集結、斉藤秀翼「これが敵の終わり方か…」

1757

「劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer」「騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!」初日舞台挨拶の様子。

「劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer」「騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!」初日舞台挨拶の様子。

劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer」「騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!」の初日舞台挨拶が、本日7月26日に東京・丸の内TOEIにて開催され、スタッフ・キャスト計15名が登壇した。

「仮面ライダージオウ」からはレギュラーキャストの奥野壮押田岳大幡しえり渡邊圭祐、ゲストの前野朋哉若林時英斉藤秀翼、そして監督の田崎竜太が登壇。常磐ソウゴ役の奥野が「なんかいける気がする!」、明光院ゲイツ役の押田が「ジオウを倒すのは俺の使命だ」といった名セリフで挨拶する中、ツクヨミ役の大幡は「だーめだこりゃ」とテレビシリーズに登場したセリフで場を沸かす。そして「騎士竜戦隊リュウソウジャー」からはレギュラーキャストの一ノ瀬颯綱啓永尾碕真花小原唯和岸田タツヤ兵頭功海、そして監督の上堀内佳寿也がステージへ。観客に「コウー!」と呼ばれ、思わず「うれしい……」と漏らしたコウ役の一ノ瀬は「俺たちの騎士道、見せてやる!」とセリフを披露。そしてトワ役の小原は、「俺のスピードに付いてこれるかな」と言おうとしたところ噛んでしまい、共演陣からツッコミを受けた。

お気に入りシーンの話題で、ゲイツが甲冑を着る場面を挙げた押田について、織田信長役の前野は「めちゃくちゃ似合ってましたね。これ、このあと絶対に時代劇(出演)あるな、と思いました」と太鼓判を押す。大幡も戦国時代の町娘衣装が気に入っていたと話すと、田崎が「大幡さんも時代劇があったらぜひ(出てほしい)」とコメントした。ゲストのDA PUMPと共演したウォズ役の渡邊は「僕は衣装チェンジはなく、DA PUMPの一員になるというサプライズが……」と笑いを誘う。さらに「エンドロールに1話からの映像が使われていて、わけわかんないくらい感動してしまいました」と話し田崎に感謝を述べた。

同じく好きなシーンの話題で、アスナ役の尾碕は「恐竜の卵を抱きかかえるシーンで、バンバに『馬鹿力なんだから気をつけろよ』と言われて『ハァ?』と返すところは、監督に『もっとドスを利かせて!』と言われたんです」と告白。「侍戦隊シンケンジャー」キャストとして知られる森田涼花と共演したカナロ役の兵頭は「シンケンジャーを小さい頃に観ていたので、一緒にお芝居できて感慨深かった」と回想する。メルト役の綱は「メルトの『ソウルをひとつに』というセリフを台本で呼んで、レッドが言いそうなセリフだと思って気合いを入れた」と語る。ゲストの北原里英を抱きかかえるシーンのあったバンバ役の岸田は、「たまたま僕のところに落ちてきたので、お姫様抱っこさせていただいた」と話している途中、客席の子供から「バンバー!」と何度も呼ばれて「バンバだよー」と優しく返答。一ノ瀬が「ガイソーグと対峙したところは、監督にめちゃくちゃかっこよく撮ってもらった」と言うと、上堀内は「いやいやすべて一ノ瀬さんの力……」と大げさに恐縮してみせた。

田崎は本作について「令和に行くためには平成にお別れを告げないといけない。皆さん、平成を終わることができたでしょうか? じゃあ黄色いライダーと一緒に令和に進んでください」と次作「仮面ライダーゼロワン」に言及。世間の織田信長イメージとはかけ離れた軽いキャラを演じた前野は「『信長がこれをやったら嫌だな』をテーマに楽しみました。もう今後、信長役をやることはないと思う」と笑う。信長に仕える牛三役の若林は、今回共演して“惚れ込んだキャスト”を聞かれて「そりゃあゲイツ殿ですね! 個人的に岳くんのプライベートのファッションが大好き」と回答。前野に「上司(信長)じゃないの?」と詰められると、この日の彼の服装を指さし「どうしたんですか、その服」とふざけて返した。

敵であるジョウゲン / 仮面ライダーザモナス役の斉藤は、「獣電戦隊キョウリュウジャー」でヒーローを演じていたことから「ヒーローって、最後に敵が爆発して勝つじゃないですか。今回、爆発して(出番が)終わるのが初めてだったんですよね。ああ、これがこっちサイドの終わり方かあ、って……」としみじみ語って笑いを起こした。

最後に一ノ瀬は「僕たちが全ソウルを注ぎ込んで作った自信作、楽しんでいただけたら幸いです。リュウソウジャーとジオウを愛してください!」とファンに語りかける。そして奥野は「テレビシリーズ本編もまだまだ続きますので、そちらもよろしくお願いします」と挨拶した。

「劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer」「騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!」は全国で上映中。なおこの映画のエンドロールには、仮面ライダーの“生みの親”であり、5月20日に死去した元東映副社長・渡邊亮徳への追悼文がクレジットされている。

※田崎竜太の崎はたつさきが正式表記

※記事初出時、写真キャプションの人名に一部誤りがありました。お詫びして訂正します。

(c)2019 劇場版「ジオウ・リュウソウジャー」製作委員会 (c)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映AG・東映

映画ナタリーをフォロー