映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

早見あかりや松井玲奈が「女の機嫌の直し方」アピール、「クスッと笑える作品」

506

「女の機嫌の直し方」公開記念舞台挨拶の様子。左から横澤夏子、平岡祐太、早見あかり、松井玲奈、佐伯大地、有田駿介。

「女の機嫌の直し方」公開記念舞台挨拶の様子。左から横澤夏子、平岡祐太、早見あかり、松井玲奈、佐伯大地、有田駿介。

女の機嫌の直し方」の公開を記念した舞台挨拶が本日6月16日に東京のユナイテッド・シネマ アクアシティお台場で開催され、キャストの早見あかり平岡祐太松井玲奈佐伯大地横澤夏子、監督の有田駿介が出席した。

本作は、結婚式場で巻き起こる男女のトラブルを理系女子・真島愛が最新のAI研究をもとに解決していくさまを描く物語。公開よりかなり前からプロモーション活動をしていた早見は「まだ皆さんに観てもらえないもどかしさがあった」と明かしつつ、やっと本作が封切られたことを喜ぶ。松井は最初の挨拶で自身が演じたキャラクターの名字を忘れてしまい、照れ笑いを浮かべたあと「クスッと笑えるところが多い作品なので、私も劇場でお客さんと観たいです」と意気込んだ。

第11回沖縄国際映画祭「島ぜんぶでおーきな祭」で、おーきな観客賞に輝いた本作。早見や松井とともにレッドカーペットに登場した思い出を、横澤は「私の顔が大きいせいで、2人が見えなくなっちゃって(笑)」とジョークを飛ばして会場の笑いを誘う。さらに「今だから言える◯◯」がテーマのトークでは、早見が「平岡さんが手でハートを作るシーンで、どうやったら気持ち悪くできるかをすごく気にしていて」と暴露。有田から「(同シーンは)可もなく不可もなくでした」という評価を受けて、平岡が「かわいく見えるようにがんばったんですけど……」と落ち込んだ様子でこぼすと、早見や松井ら女性陣から「かわいかったですよ!」とフォローの声が上がった。

最後に早見が「最初はタイトルにびっくりしちゃう人もいるかもしれません。でも誰もが納得したり、共感できるようなシーンがたくさんちりばめられた映画だと思います」と呼びかけて舞台挨拶を締めた。

(c)2019「女の機嫌の直し方」製作委員会

映画ナタリーをフォロー