映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

女性警視VS女性警察官、芦名星主演ドラマ「W県警の悲劇」7月スタート

137

芦名星のゴールデン帯連続ドラマ初主演作「W県警の悲劇」が、7月よりBSテレ東の土曜ドラマ9枠でスタートする。

葉真中顕による同名の警察小説を実写化した本作。警察内部を取り締まる監察官の主人公・松永菜穂子が、生まれ持った洞察力や観察力を駆使して、各所轄にいる女性警察官と対峙していくさまが描かれる。彼女は、旧態依然としたW県警の中で女性警察官の道を作るために、通称“円卓会議”と呼ばれる意思決定機関のメンバー入りを目指す。

芦名は「1話から見所満載!! そして話を追うごとに違う刺激がいくつもいくつも視聴者を裏切ることなくどんどん訪れます。そして最終回の最後の最後まで…私はこの作品の集大成とも言える仕掛けと面白さに裏切られる事なく引き込まれてしまっていた。という感じでした」と台本を読んだ際の印象を明かしている。

「W県警の悲劇」は毎週土曜21時よりオンエア。プロデューサーを務めるBSテレ東の森田昇によるコメントも下記に掲載した。

土曜ドラマ9「W県警の悲劇」

BSテレ東 / BSテレ東4K 2019年7月放送スタート 毎週土曜 21:00~

芦名星 コメント

主演のオファーを受けて

とても嬉しかったです。設定や人物像にいくつも仕掛けがあり、私のイメージする女性警視よりずっとボリュームのある主人公設定・そして内容でしたので、ますますやり甲斐を感じ、この夏はここに尽力しようと思います。

台本や原作の感想

読んでいてこんなに先を先をと、早く最後が知りたいと思う台本を読んだのは久しぶりでした。とても面白い構成ですね。1話から見所満載!! そして話を追うごとに違う刺激がいくつもいくつも視聴者を裏切ることなくどんどん訪れます。そして最終回の最後の最後まで…私はこの作品の集大成とも言える仕掛けと面白さに裏切られる事なく引き込まれてしまっていた。という感じでした。

ドラマの見どころ

とにかくこの世界観の中に安心して入ってきて欲しいです。きっと観ていて期待は裏切らずに毎回のストーリーを楽しめると思います。また人間模様も描かれるので人の心の持つ沢山の感情から、登場する人々の気持ちや思い、何かしら共感できる部分があれば、より楽しんで頂けるのではと思っています。

菜穂子との共通点

何か目標、やり遂げなければならないことがあった時、それが人に関わることなら手段は選びますが、自分個人がやれば成し遂げられることであれば手段は選ばないのかもしれません。「出世のためなら…」この感情は私の中であまり感じたことがないことなので、今回自分を通して、感じられることが楽しみです。

「罪と罰」「秘め事」を抱えた「女性」を演じる意気込み

誰しもあるかもしれない感情や秘め事を描いてくというのはリアリティと想像力、そして、本当にその一瞬一瞬の感情や恐怖・罪の意識に対する心の持ちようなど、表現しなければならない感情が多くあると思います。それを保ちながら、毎話ごとに個性豊かな登場人物と対峙していくのですから、とにかくそれをしっかりと持ち、菜穂子として生きたいと思います。

視聴者に楽しんでほしいポイント

全話、どんでん返しが待ってます!! これは今回の1つのポイントですね。それがまた面白い。それを期待して観て頂いても、それをわかっていても、楽しめると思います。そして、最終話まで楽しんで頂いた最後の最後の先に…
私も驚愕した出来事が待っています!
そこに辿り着くまで、一緒にこの世界観を盛り上げて、楽しんで頂けたらと思います。

森田昇 コメント

今回の「W県警の悲劇」は、連続ドラマでは鉄板中の鉄板の“刑事もの”ではありますが、2018年10月に放送した“取調室のみで進む倒叙ミステリー「サイレント・ヴォイス」”と同様、異色の刑事ドラマです。特徴的な部分は、事件解決のミステリーではありつつ、女性主人公が毎回強力な女性警察官と対峙する“女同士のバトル”が見どころになっています。
この作品のポイントは
・アッと驚く“どんでん返し”のミステリー
・誰もが持つ“ひめごと”が鍵となる
・女同士のバトル
・この世の中にはびこる“悪しき習慣”と“正義”
これらのポイントを押さえながら謎解きのエンターテイメントとして展開していきます。
毎回強力な女性ゲストが登場する1話完結物としてはもちろん、更には1話から最終回に繋がる大どんでん返しを楽しめるストーリー展開にもなっています。
タレント事務所でもあるホリプロと制作するこの作品は、凛とした魅力の主演・芦名星さんの他、各話の強力なゲストも非常に楽しめるポイントです。
“ひめごと”や“罪と罰”といった人間の心の奥深いところと絡み合ったミステリーである「W県警の悲劇」は、イヤミスとしても、女のバトルとしても、考えさせられる人間ドラマとしても、大人の鑑賞に堪えうる極上のエンターテイメント作品です。

映画ナタリーをフォロー