映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

福山潤が「HUMAN LOST 人間失格」で竹一役、直筆サイン当たるキャンペーン実施

52

「HUMAN LOST 人間失格」より、福山潤演じる竹一。

「HUMAN LOST 人間失格」より、福山潤演じる竹一。

劇場アニメーション「HUMAN LOST 人間失格」にて、福山潤が竹一役を務めることがわかった。

太宰治による小説「人間失格」を原案とする本作の舞台は、医療革命によって人が“死”を克服した昭和111年の東京。薬物に溺れ怠惰な暮らしを送る主人公・大庭葉蔵が運命に翻弄されていくさまが描かれる。宮野真守が葉蔵に声を当てた。

竹一は葉蔵の唯一の友であり、生き方に迷う彼に絵を描くきっかけを与える人物。福山は「命の延命化が進み、怪我でも寿命でも死ぬ事が出来なくなっている中で、死への欲求にかられ危険に身を投じる行為によって生と自己を掴み取ろうとしている印象の強い人物です。ですが悲壮感はなく、享楽的とも快楽的ともとれる活力溢れる人物に受け止めています」とコメントした。なおYouTubeでは竹一をフィーチャーした映像が公開されている。

また「HUMAN LOST 人間失格」のTwitter公式アカウントでは、福山の直筆サインが1名に当たるキャンペーンを実施中。アカウントをフォローし、該当ツイートをリツイートすることで応募となる。締切は5月23日23時59分。

本広克行がスーパーバイザー、木崎文智が監督、冲方丁が脚本を担当する「HUMAN LOST 人間失格」は2019年に公開される。宮野、福山のほか花澤香菜もキャストに名を連ねた。

※大庭葉蔵の蔵は旧字体が正式表記
※木崎文智の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

福山潤 コメント

竹一の印象について

命の延命化が進み、怪我でも寿命でも死ぬ事が出来なくなっている中で、死への欲求にかられ危険に身を投じる行為によって生と自己を掴み取ろうとしている印象の強い人物です。
ですが悲壮感はなく、享楽的とも快楽的ともとれる活力溢れる人物に受け止めています。

本作を楽しみにしているファンへのメッセージ

考えさせられつつも、胸躍り、手に汗握る展開をもった作品だと感じております。
皆様に観て頂いて、どのように感じ、受け止められるのかとても楽しみです。是非とも劇場でご覧ください!

(c)2019 HUMAN LOST Project

映画ナタリーをフォロー