市民6万人が襲われた“ピータールーの虐殺”をマイク・リーが映画化、8月公開

120

「秘密と嘘」「ヴェラ・ドレイク」で知られるマイク・リーの監督最新作「Peterloo」が、「ピータールー マンチェスターの悲劇」の邦題で8月9日に公開される。

「ピータールー マンチェスターの悲劇」

「ピータールー マンチェスターの悲劇」

大きなサイズで見る(全5件)

「ピータールー マンチェスターの悲劇」ポスタービジュアル

「ピータールー マンチェスターの悲劇」ポスタービジュアル[拡大]

本作は1819年、ナポレオン戦争後のイギリス・マンチェスターで実際に起こった“ピータールーの虐殺”を映画化したもの。同事件では、深刻化する貧困問題の改善を訴え、政治的革命を求めた非武装市民6万人が英国政府の騎兵隊に襲われた。多くの抗議者が死亡し、数百名が負傷したこの事件は、イギリス民主主義の大きな転機となり、今日のガーディアン紙の起源である新聞創刊のきっかけとなった。

第75回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門でヒューマン・ライツ・フィルム・ネットワーク賞を受賞した本作。自ら脚本も手がけたリーは「ピータールーの虐殺は、現代に蔓延する狂気や混乱に通じる重要な事件だ」と述べる。キャストには「007 スペクター」のロリー・キニア、「博士と彼女のセオリー」のマキシーン・ピークが名を連ねた。

「ピータールー マンチェスターの悲劇」は東京・TOHOシネマズ シャンテほか全国で順次ロードショー。

この記事の画像(全5件)

関連記事

マイク・リーのほかの記事

リンク

関連商品

(c)Amazon Content Services LLC, Film4 a division of Channel Four Television Corporation and The British Film Institute 2018.