映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「ヒキタさん」松重豊が北京映画祭へ、“北川景子と夫婦にしか見えない”に喜び

160

第9回北京国際映画祭に参加した松重豊(手前)。

第9回北京国際映画祭に参加した松重豊(手前)。

ヒキタさん! ご懐妊ですよ」のワールドプレミアが、4月13日に第9回北京国際映画祭内で開催され、舞台挨拶に主演の松重豊と監督の細川徹、プロデューサーの前田浩子が参加した。

ヒキタクニオのエッセイを映画化した本作は、妊活を始めた作家ヒキタが、自身に不妊の原因があることを知るも、夫婦で困難を乗り越えようとするさまを描くもの。松重がヒキタを演じ、夫より二回り近くも歳下の妻サチ役で北川景子が出演した。

中国映画資料館で開催されたワールドプレミアにて、松重たちは1000人の観客に拍手で迎えられた。松重は「私は松重豊です。映画は面白かったですか? 皆さん、今日はありがとうございます」と中国語で挨拶。質疑応答コーナーで「映画初主演作である本作はこれまでと違ったか?」と聞かれた松重は「主演も脇役も意識をして仕事をしたことはなく、ただ、やっぱり主演ということでクランクインからアップまで誰も余計な緊張をすることなく、リラックスして集中できる時間を作れるように、空間作りを心がけました」と答える。北川との共演に関する話題で「実年齢が24歳離れているのにまさかの夫婦役で、主演以上の驚きでした。この歳の差をどう埋めればいいのか、それがこの映画に入る時の一番の難題でした」と振り返った松重は、「でも映画を観て、“どこから見ても夫婦にしか見えないよ”と言われることが一番の喜びです!」と笑顔を見せた。

また観客から、ヒキタ夫婦が飼っているクラゲについて質問が挙がると、細川は「近付いたり、離れたり。ふわふわしている夫婦の揺らいでいく関係を表しています」と回答。“男性不妊”というテーマに関して前田は「不妊治療というと大抵女の人がするものだと思われてしまいますが、男の人に原因があることもある。特に日本では不妊治療をあまり人に知られたくない、コンプレックスのように感じる人が多いと思いますが、これは誰にでも起こりうる“加齢”が原因だということを伝えたかった」と思いを口にした。

また舞台挨拶の中盤には、北京グルメについて聞かれた松重が「喫茶店のジャスミンミルクレープがすごくおいしい! 昨日も残り1個だったところを僕が食べました!」と答える一幕も。熱心なファンから「役者を辞めようと思ったこともあったと思いますが、松重さんが辞めないでよかった」と言われた松重は「シェイシェイ! こうやって中国に来て、映画を楽しんでいただいて、皆さんの笑顔を見ると、もうちょっとこの仕事をがんばって続けてみようかなという気持ちで本当にいっぱいです」と返した。

さらに松重らは、同日開催されたレッドカーペットにも参加。ドラマ「孤独のグルメ」の影響もあり中国に多くのファンを持つ松重は、「マツシゲサン」コールで歓迎された。

「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」は10月4日に全国公開。なお松重はこの訪中にあわせて、中国のSNS・Weiboのアカウントを開設した。スタートから2日間ですでに10万人以上のフォロワーを獲得している。

(c)2019「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」製作委員会

映画ナタリーをフォロー