映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「プロメア」松山ケンイチ&早乙女太一、堺雅人との“誰が一番声が出るか選手権”回想

367

左から今石洋之、中島かずき、早乙女太一、松山ケンイチ、佐倉綾音、稲田徹。

左から今石洋之、中島かずき、早乙女太一、松山ケンイチ、佐倉綾音、稲田徹。

劇場アニメーション「プロメア」のステージイベントが、本日3月24日に東京・東京ビッグサイトで催された「AnimeJapan 2019」内にて行われ、監督の今石洋之、脚本家の中島かずき、キャストの松山ケンイチ早乙女太一佐倉綾音稲田徹が登壇した。

本作は、テレビアニメ「天元突破グレンラガン」「キルラキル」でタッグを組んだ今石と中島による初の劇場長編作品。イベントではアニメーション制作を担当したTRIGGERのプロデューサー若林広海が司会を務めた。

松山と早乙女はアニメ好きながら「AnimeJapan」は初参戦。それぞれ「客として来たかったですね(笑)。熱気があって、もったいないことをしましたね」「向こう(客席後方のブース)が見えてウズウズしちゃいます」とステージから感想を語る。

2014年まで放送されていた「キルラキル」が終了してから約半年後に企画が始動し、制作に長期間が費やされてきた本作。「難産だった」という制作について中島は「お互い(今石と)手のうちがわかっているだけに、新しいものをどう作るか、今まで培ったものをどう出せるか、そのバランスに苦労しました」と説明する。今石も「過去最高に苦心した」と苦労を明かした。

主人公ガロ役の松山と宿敵リオ役の早乙女は、中島が座付作家を務める劇団☆新感線の舞台に参加した経験がある。「グレンラガン」「キルラキル」の大ファンだという松山は「仕事でくじけそうになったときに、『グレンラガン』のクライマックスに勇気をもらってました。その放送時にちょうど、かずきさんと初めて(舞台)『蒼の乱』でご一緒させてもらっていたんです。あのときは本当に助けられました」と述懐。中島も当時のことを「『グレンガラン』を観て本番に臨んでましたよね」と振り返った。

また早乙女は、新感線の公演中に本作の出演依頼を受けたそうで「楽屋の廊下でかずきさんに聞いて、二つ返事で出演を決意しました。このチームに入れることがすごくうれしかったですし、アニメの世界に入るということも、子供の頃からの憧れでした」と語る。

今石作品に初参加となるアイナ役の佐倉も、新感線のDVDや松山、早乙女が出演する舞台も観ていたといい、参加できる喜びを表明。そして“今石作品は大きい声を出した人が勝ち”という噂を聞いていたと明かして笑いを誘い、これにバリス役の稲田が「だから俺がいるんだ(笑)。今回も大きい声出してます」と返していた。

声優陣と俳優陣が入り混じってキャスティングされている本作。アフレコに関するトークでは、ガロの上司クレイ役を務めた堺雅人が話題に挙がる。佐倉は、プロの声優とは違う堺の演技が生々しく、思わず聞き入ってしまったことを明かす。松山は収録を「堺さんの芝居の幅が広すぎる。休憩中、太一くんと3人でニコニコ子供の話とかしていたのに、マイクの前に立つと、堺さんがすごい顔してるんですよね。さっきのニコニコはどこいったんだ?って(笑)」と振り返る。それに賛同する早乙女も「叫んだときの迫力がものすごくて。3人でアフレコをしたとき、“誰が一番声が出るか選手権”みたいになって(笑)。堺さんがワーっと言ったときにすごい迫力で、それに引っ張られました」と回想。今石も「堺さんは期待していた何倍も上回ってくる。この声にどんな絵を付けたらいいんだろう、と冷や汗をかきました」と話した。

最後に今石は「実はまだ現場は追い込みの真っ最中。残り時間をすべて使って、最高のものを作ろうとがんばっています」と挨拶。そして松山は、「プロメア」のラフを観たときの印象を「今石さん、かずきさんの作品なんだなって感じました」と説明し、「それとはまた違う新しい要素も入ってるので楽しんでほしいです」とファンに語りかけた。

「プロメア」は、5月24日より全国ロードショー。

(c)TRIGGER・中島かずき/XFLAG

映画ナタリーをフォロー