映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

引退表明のヤン・シュヴァンクマイエルが手がけた短編5作品を大阪で上映

263

「シュヴァルツェヴァルト氏とエドガル氏の最後のトリック」

「シュヴァルツェヴァルト氏とエドガル氏の最後のトリック」

「『午後のまどろみとチェコアニメvol.8』~ヤン・シュヴァンクマイエル引退記念イベント~」と銘打たれた上映企画が、7月20日に大阪・ロフトプラスワンウエストで開催される。

本イベントでは、2018年8月に引退を表明した映像作家ヤン・シュヴァンクマイエルの短編アニメーションを上映。ラインナップにはシュヴァンクマイエルが30歳のときに手がけたデビュー作「シュヴァルツェヴァルト氏とエドガル氏の最後のトリック」をはじめ、「庭園」「オトラントの城」「アッシャー家の崩壊」「陥し穴と振り子」が並んだ。

さらにチェコアニメの配給に携わる眞部学のトークを交えながら、引退の真相を追及していく。シュヴァンクマイエルと10年以上にわたって交流があり、引退を直接確認したという眞部が裏話をお届けする。

前売り券はイーブラスにて近日販売開始。ロフトプラスワンウエストの公式サイト、店頭、電話での予約は4月6日にスタートする。

「午後のまどろみとチェコアニメvol.8」~ヤン・シュヴァンクマイエル引退記念イベント~

2019年7月20日(土)大阪府 ロフトプラスワンウエスト
開場 12:00 / 開演 13:00
料金:前売り券 2000円 / 当日券 2500円
※飲食代別、要1オーダー500円以上
<上映作品>
「シュヴァルツェヴァルト氏とエドガル氏の最後のトリック」
「庭園」
「オトラントの城」
「アッシャー家の崩壊」
陥し穴と振り子【短編】
<登壇者>
眞部学

(c)Kratky Film Praha, a.s. (c)Athanor

映画ナタリーをフォロー