映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

【日本アカデミー賞】役所広司が最優秀主演男優賞、撮影地・呉の復興を思う

2155

役所広司

役所広司

役所広司が「孤狼の血」の演技において、第42回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞に輝いた。

役所にとって最優秀主演男優賞の受賞は「Shall we ダンス?」「うなぎ」に続いて3度目、21年ぶりのこと。優秀主演男優賞もたびたび受賞してきたにもかかわらず、役所は「最優秀賞はずっともらえていなくて、難しいことなんだとつくづく感じていました。だから今日は本当にびっくりしています」と信じられない様子で胸中を語る。「この映画は広島の呉で撮影して、町の人たちも協力してくれました。呉は西日本の豪雨被害で復興まで時間がかかると思いますが、今日は『孤狼の血』がたくさんの賞を獲ったので、呉の人たちも元気を出してくれるんじゃないかと思います」と現地の人々へ感謝。また最優秀助演男優賞に輝いた共演者の松坂桃李から「同年代の俳優にこの役を渡したくなかったくらい、がっつり役所さんと過ごせた宝物のような時間でした」と尊敬のまなざしを受けると、「優しいですよね。立派ですよ」と松坂をしっかりと見つめ返した。

授賞式には優秀主演男優賞の受賞者も出席。「散り椿」の岡田准一は「現場では(木村)大作さんの愛を感じながら、みんな家族のように過ごしていました」と充実した撮影の日々を振り返る。「終わった人」の舘ひろしはバスローブのシーンで自身も演出に参加したようで「もう少し襟を抜いたほうが色っぽいかな?とか意見を言わせていただきました」と色気をアピール。「カメラを止めるな!」の濱津隆之はそうそうたる俳優陣と並び、司会の西田敏行から「憧れの人は?」と聞かれ「役所広司さんはずっとカッコいいです」と打ち明けるも、西田から「芝居は僕に近いものを感じたなあ」と指摘されたじたじに。「万引き家族」のリリー・フランキーは「会場に(樹木)希林さんが来てるじゃんと思ってたら細野晴臣さんでした(笑)」とジョークを飛ばしつつ、監督の是枝裕和にプロットを見せてもらった段階で「是枝(裕和)さんがこれを好きに撮ったらすごい映画になるだろう」と予感がしていたことを明かした。

※日本アカデミー賞関連記事はこちらから

映画ナタリーをフォロー