映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「九月の恋と出会うまで」高橋一生が14歳の自分に「幻滅させてやろう」

701

「九月の恋と出会うまで」の公開直前号泣試写会にて、左から高橋一生、川口春奈。

「九月の恋と出会うまで」の公開直前号泣試写会にて、左から高橋一生、川口春奈。

九月の恋と出会うまで」の公開直前号泣試写会が、本日2月26日に東京のユナイテッド・シネマ豊洲にて行われ、キャストの高橋一生川口春奈が登壇した。

「わたしに××しなさい!」の山本透が監督を務めた本作は、川口演じるOL・志織と高橋扮する小説家志望の隣人・平野の時空を超えた恋を描くラブストーリー。イベント冒頭では、事前に2人が選んだ本作の「切ないシーン」がスクリーンに映し出された。偶然同じシーンを選んでいたことがわかるも、高橋はネタバレを回避するため「平野の性格が出ていて、相手を思うばかりに○○なシーンです」と言葉を伏せてコメント。川口は「お互いを思い合っているからこその嘘が切なかった。ギュッとなりました」と話した。

次に、公式Twitterで実施している「#未来からの声 投稿キャンペーン」に合わせて、高橋と川口も過去の自分に伝えたい思いをフリップで発表することに。高橋は「14歳の自分に、38歳になってもまだ自転車乗ってるって言って幻滅させてやろうと」と説明し、「14歳のときと同じ型のロードバイクで今も仕事に行ったりします。14歳のときから疾走感や一体感が楽しくて乗ってる」と明かす。司会者に「気付かれないんですか」と問われると、「一瞬だから気付かれない」と笑顔で答えた。

10年前の自分に「もっと勉強しろ」と伝えたいという川口は、「先生の話とかよく聞いておけばよかった」とポツリ。それを聞いた高橋は「川口さんは現場でもいろんなことを吸収されているし、反省なんてしなくていいんじゃないかと思いますけどね。僕なんか何も変わってないですよ」と優しくフォローする。

最後に川口は「楽しんで観ていただけたらうれしい。人が人を思う気持ちが素敵でほっこりする」、高橋は「普遍的な思いを感じて、持って帰ってもらえたら素敵」とそれぞれメッセージを伝えた。

「九月の恋と出会うまで」は、3月1日より全国で公開。

(c)松尾由美/双葉社 (c)2019 映画「九月の恋と出会うまで」製作委員会

映画ナタリーをフォロー