映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

キーラ・ナイトレイが実在のフランス人作家に、主演作「コレット」公開

147

キーラ・ナイトレイが主演を務める「コレット」が5月17日に公開決定。あわせてポスタービジュアルが到着した。

「アリスのままで」のウォッシュ・ウエストモアランドが監督と脚本を担当した本作は、20世紀初頭に活躍したフランス人作家シドニー=ガブリエル・コレットの半生を描く作品。彼女は自著作品を舞台化する際に、当時無名のオードリー・ヘプバーンを主役に抜擢したほか、ココ・シャネルやジャン・コクトーと親交があった人物として知られている。劇中では、人気作家である夫のゴーストライターとして小説を執筆したコレットが、作者であることを世間に認められない葛藤や夫の浮気に苦しみながらも愛と自由を貫き、自分の力で人生を切り開いていく。

ナイトレイがコレット、「ザ・スクエア 思いやりの聖域」のドミニク・ウェストが夫ウィリーを演じる。また「ハリー・ポッター」シリーズのフィオナ・ショウ、「ジャックと天空の巨人」のエレノア・トムリンソンデニース・ゴフがキャストに名を連ねた。

「コレット」は東京・TOHOシネマズ シャンテ、新宿武蔵野館ほか全国でロードショー。

(c)2017 Colette Film Holdings Ltd / The British Film Institute. All rights reserved.

映画ナタリーをフォロー