映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

松本優作×篠崎こころ、秋葉原無差別殺傷事件がモチーフの「Noise」3月公開

162

「Noise」

「Noise」

松本優作が監督を務めた「Noise」の公開日が、3月1日に決定した。

MOOSIC LAB 2018で3冠に輝いた短編「日本製造/メイド・イン・ジャパン」の松本が、それ以前に初監督作として手がけた本作。松本自身が15歳で経験した中学時代の親友の自殺と、テレビに映し出された秋葉原無差別殺傷事件を受け、2008年に脚本執筆を開始した。その後完成した124分版は第25回レインダンス映画祭や第18回ニッポン・コネクションで上映され、2018年の第4回 富士 湖畔の映画祭では最優秀主演俳優賞を受賞。このたび再編集された115分版が劇場公開される。

本作の劇中では秋葉原無差別殺傷事件をモチーフに、絶望の中に生きる若者たちと大人たちの姿を映し出す。篠崎こころ安城うらら鈴木宏侑小橋賢児仁科貴布施博が出演し、banvoxが音楽プロデューサーとして参加した。

「Noise」は東京・テアトル新宿ほかにて公開。

(c)「Noise」製作委員会

映画ナタリーをフォロー