映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

小関裕太が“ゆるえろ”カレンダー発売イベント出席、お気に入りの1枚は「寝てる」

173

2019年カレンダー発売記念イベントにて、表紙を見せる小関裕太。

2019年カレンダー発売記念イベントにて、表紙を見せる小関裕太。

小関裕太の2019年カレンダー発売記念イベントが、本日12月16日、東京・HMV&BOOKS TOKYOで開催された。

今回のカレンダーのテーマは“ゆるえろい”。小関は10月に発売された自身のセカンド写真集「小関くん」のフォトグラファー・梅佳代から「作り顔をしないでほしい」と言われたことを振り返り、「キメ顔をしない大人になりたい、キメ顔なしの色気を目指したいという意気込みで作りました」とカレンダーのコンセプトを伝える。

カレンダーは表裏仕様のカードタイプになっており、小関は5月の写真をお気に入りに挙げた。表はカメラ目線のカットで、裏は目を閉じたオフショットが施された同月。小関は「隙やプライベート感のあるカレンダーになりました。撮影中も気を張ってなくて、目をつぶった写真は寝てるんですよ。いい具合に傾く椅子に座っていたので(笑)。目を開けてるほうは『あ、ヤバい撮影だ!』ってなってます」と説明した。

2018年は「ちょっとまて野球部!」「曇天に笑う」「わたしに××しなさい!」や、12月14日に封切られたばかりの「春待つ僕ら」などに出演した小関。ほかにも充実していたようで「この1年は夢がたくさん叶った年。『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』のキャストの方にインタビューしたり、原作者にお会いしたり、憧れの高橋優さんにギターをいただいたり。いいことが続いてそろそろ危ないんじゃなと思ってたら、またいいことが!っていう繰り返しで。来年は落ちないようにしたいです」と笑う。今年を表す漢字を尋ねられると「『叶』です。『夢』とも思ったけど、夢はまだたくさんあるので」と述べ、さらに来年の抱負を「体幹を作る。スカスカな状態よりしっかり立っているほうがカッコいいので。幹がしっかりした俳優さんになりたい」と力強く明かした。

「クリスマスの予定は?」という質問には「もう今からクリスマスです!」と声高らかに回答。「当日は仕事なんですけど、12月になると店でクリスマスソングが流れ始めますし、僕にとって12月は毎日クリスマス気分です」と答える小関の“彼女との理想的なクリスマスの過ごし方”は「丸ごとチキンを焼くこと」だという。「人と一緒に作業するのが好きなので、料理も『作ってもらう』や『作ってあげる』じゃなくて、一緒に作るのが憧れ。いつかチキンを一緒に焼ける人と出会えますように!」と願った。

最後に小関は「2019年はしっかり二本足で立てる素敵な大人になりたいという思いを込めて、このカレンダーを作りました。一緒に楽しい1年を過ごしましょう!」とファンにメッセージを送った。

映画ナタリーをフォロー