映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

亀梨和也がドラマ「手紙」役作りで潤い封印「トリートメントをやめた」

862

左から佐藤隆太、亀梨和也、本田翼。

左から佐藤隆太、亀梨和也、本田翼。

テレビ東京系ドラマ「東野圭吾 手紙」の記者会見が、本日12月5日に東京のテレビ東京にて行われ、キャストの亀梨和也KAT-TUN)、佐藤隆太本田翼が出席した。

2003年に刊行され、映画化や舞台化もされた東野圭吾の小説「手紙」をもとにした本ドラマ。強盗殺人犯の弟という運命を背負った青年・武島直貴が、差別や偏見に苦しみながらも自分の家族を持つまでの軌跡が、兄弟の手紙を通して描かれる。「神様のカルテ」の深川栄洋が演出を担当した。

直貴を演じた亀梨は役作りを「日々葛藤していました。作品の持つメッセージ性やドラマ化にあたってのテーマに自分がリンクしていくように意識して、監督やプロデューサーとコミュニケーションを取りながら撮影しました」と述懐する。直貴のキャラクターについては「誰よりも人間の温かさや醜さを敏感に感じて生きているから、より人間っぽいなと。人生って……と感じながら演じていました」と話す。劇中の歌唱シーンについて司会者に聞かれると「どういうふうに歌っていこうか悩みました。一応、なんちゃってアーティストなんで(笑)。アーティストやってるときはくせが強めなのですが、間が取れたといいますか。監督の要望、音楽監督の指導のもと作っていきました」と語る。

直貴を大学に入れたい一心で強盗殺人の罪を犯し、服役中の兄・剛志役の佐藤は「映画化や舞台化もされていてハードルが高い作品だと思うのですが、それぞれが内に秘めた熱い思いを持って物作りができた現場かなと思います」と述べ、自身の演技を「実際に映るシーンは少ないけれどキーになる役なので、とにかく難しかった。緊張感は相当なものでカメラの前でもひるみました。こういう表現でいいのだろうかと悪戦苦闘しながら演じてました」と打ち明けた。

直貴を精神的に支え続け、のちに妻となるヒロイン・白石由実子に扮した本田は「由実子の決断は、自身も差別や偏見に苦しむ覚悟を決めたうえでのもの。強い女性だなと思いながらお芝居をしていました」と述懐する。初めて母親役を演じたことについては「難しかったですね。6歳の女の子の母親なので、ある程度子育てには慣れているけれど新しいものにも出会う時期ですし。現場では子供役の子とずっと一緒にいて、彼女の考えやそのお母さんのお話を聞きました」と話す。

その話を受けて亀梨は「子供が最初は全然僕に懐いてくれなくて。対男子として見られるんですよね。後半はやっとパパのところにも来てくれるようになったんですけど」と明かした。続いて本田との共演を「抱えるものが多い役どころでもあったけど、スーッといきましたね。現場でもフランクに接していただいて、いい形で重さに立ち向かう同志として存在してくださったのでありがたかった」と振り返った。

記者から役作りについて問われた亀梨は「ビジュアルの部分でもシャープさをできるだけ排除したいと言われたので、ぼてっと見えるように。日常ではトリートメント付けるのをやめてみたり。あれ、なんか潤っちゃってんな……とか思って」と打ち明け、会場の笑いを誘う。さらに「充血しても目薬をささないで、生かしていこうと。鏡をあまり見ないようにして、猫背気味にしたり、普段と違うルーティーンを持ってみました」と続けた。

会見では亀梨、佐藤、本田がそれぞれの名前が書かれたフリップを引き、その相手にその場で手紙を書くコーナーも。亀梨への手紙に「今度はフレンチがいいですね」と書いた本田は、撮影中に亀梨やスタッフたちと10分でパスタを食べに行ったエピソードを披露した。佐藤への手紙に「今度は食事で会ったり野球のお話も沢山できたら嬉しいです」とつづった亀梨は「終わったときにやっと話せたんです。野球の“や”の字も出てこないくらい佐藤さんとのシーンに懸けてたので」と述べ、シリアスなシーンの連続だったことを感じさせた。

最後に本田は「自分が距離を置きたいと思う人生を見ることによって、違う価値観が生まれる気がしました。今後生きる人生に影響を与える作品だと思います」、佐藤は「また違う新たな『手紙』になっていると実感しました。監督自身が面白い演出をしてくださる方で、すごくつらいときだからこそちょっと笑うとか。心の奥をくすぐるような演出をつけてくださったので違った表情が見ていただけるのでは」とそれぞれコメント。そして亀梨は「生きることは時間を積み重ねることの難しさでもありますが、だからこそ生きるっていいんだよなと感じられる作品です。さまざまな解釈のもと受け取っていただき、感想を受け取れたらと思っています」と締めくくっった。

ドラマスペシャル「東野圭吾 手紙」

テレビ東京系 2018年12月19日(水)21:00~

映画ナタリーをフォロー